ドリームリーグの収録カード一覧と評価

デッキレシピ【ズガドーンGX+特殊状態アローラベトベター】


初投稿です。
今回私が考えたのは、アローラベトベターのケミカルブレスで大ダメージを狙うデッキです。

デッキコード:HgLLQn-itkQiI-LgingN

ポイント

まず、このデッキの要はエンニュートです。エンニュートの1エネで打てるワザ「パニックどく」で3つの状態異常にして相手に固定ダメージを与えます。ここでゴウカザルの特性「あつきとうし」を使うことで「パニックどく」が1エネ70点になります。

あつきとうし
このポケモンがいるかぎり、相手のバトルポケモンは、やけどでのせるダメカンの数が6個になる。

状態異常で相手のバトルポケモンが居座ってきた場合、ベンチからアローラベトベターをだし、170点➕固定ダメージという動きができます。

理想ムーブとしては、最初に「ヤトウモリ」をバトル場に出しておき、ベンチに「アローラベトベター」、「ヒコザル」、プラスαといったように展開しておきます。2ターン目に「ヤトウモリ」「ヒコザル」を1進化させておきく、3ターン目からベンチにゴウカザルを展開、そこから固定ダメージによる中火力ワザを連発して、最終的には「アローラベトベター」の「ケミカルブレス」「ズガドーンGX」の「ビックリヘッド」やGXワザの「バーストGX」で、相手の手負いのベンチのポケモンは「カプ・コケコ」の「かいてんひこう」で倒しよせきっていくというプランです。

採用理由

ここで、各カードの採用理由を解説していきます。まず、メインアタッカーの「アローラベトベター」はダブル無色エネルギーで、高火力が狙えるといった点が面白いと思い、採用しました。

中盤、終盤に引きたいカードでなおかつデッキの主役なので3枚積みました。また、ダークオーダーというパックは他にもニダンギルによる大ダメージを狙うデッキなど、進化前のポケモンにカーソルを当てたパックということで、自分も普段はメインアタッカーにおかないような進化前ポケモンを軸に考えました。

「ゴウカザル」は前述した通りです。以前から注目していたカードだったので使えて嬉しかったです。

「モウカザル」の説明は特にありません。「ヒコザル」は逃げエネが0ということで採用しました。トラッシュからのエネルギーの回収手段がないので全体的に逃げエネには気を使って考えました。

次に「ヤトウモリ」ですが、無色エネ1でうてる、「なかまをよぶ」によって展開するといった事をねらい、この「ヤトウモリ」を採用しました。

デッキの要の進化元でなおかつ初手に引きたいカードだったので4枚積みました。「エンニュート」は1枚だけ特性「ホットポイズン」を持った方を採用しています。

これは、
1.「アローラベトベター」で相手ポケモンを倒す
2.「アローラベトベター」がそのままバトル場に残った場合、ベンチで「ホットポイズン型エンニュート」をたてて、連続で相手ポケモンを落とす。

といったムーブを狙っての採用です。使っていて出番がないようであれば「パニックどく」型に変えると良いと思います。

次にズガドーンGXは1エネで2つの状態にできるワザ「さくれつバーナー」を持っているのと、単体で高火力を出せる、無理やりサイドを1枚取れるといった点で採用しました。

中盤、終盤と、かろうじて序盤に引いても腐りにくいカードだと思ったので2枚採用しました。

「カプ・コケコ」は前述した通りベンチに引いた手負いのポケモンに追い打ちをかけるために、「カプテテフ」は事故防止とダブル無色とのシナジーも考慮して採用しました。どちらもサブアタッカーやサポートとしての役割だと思ったので1枚ずつ入れました。追い打ちをかけるポケモンは最近非GXのポケモンが増えているという事でカプ・コケコを採用しましたが、GXを強く意識するなら「ネクロズマGX」を入れても面白いと思います。

「メタモン」は進化ポケモン主体のデッキなので事故防止のために入れました。「タイマーボール」もメタモンと同じ理由です。「ハイパーボール」は主に「カプテテフ」をサーチするためです。

「学習装置」は終盤にズガドーンGXが「ビックリヘッド」をうつための燃料をためるための保険として入れました。なくて回るなら抜いてもいいですw

「エスケープボード」は「エンニュート」と「アローラベトベター」を意識して採用しました。これをつける事でこの2匹のポケモンはワザに必要なエネルギー以下で交代できまず。必須というほどではないので2枚積みました。実際に使ってなくていいなら抜いてもいいです。

「シロナ」「リーリエ」については特にありません。とりあえずたくさんドローできるカードを選びました。「ぼんぐり職人」はタイマーボールを引く用です。「フウとラン」「グズマ」は入れ替え用に入れました。4種類とも数は要調整です。(割と適当に決めましたw)

次に「ヴェラ火山公園」ですが、やけどを主体にするデッキには必須です。

それにフィールドブロアーを入れない分をここに積みました。最近は強いプリズムスターのスタジアムが各デッキに入っているイメージなので、ブロワーを入れませんでした。もちろん4積み。

最後にエネルギーですが、やけどデッキのいいところは必要なエネが少ないといったところです。1エネで60、70ダメージを出すので、ダブル無色も込みで少なめにしました。

最後に

このデッキは割とロマンを追い求めた結果にできたので、勝てるデッキではないと思いますが、なるべくいろんな状況に対応できるようにしたつもりです(キュワワーとか出されたら終わりですw)なので、もし組んで使う場合は楽しむ事を心の片隅に置いてくださいw

執筆者:凛子

スポンサーリンク