ドリームリーグの収録カード一覧と評価

デッキレシピ【ハピナス+ゼラオラGX+マルマインGX】


この記事は超絶インパクトに収録されているハピナスを軸としたデッキの紹介となります。

ハピナスの覚える技「パワフルビンタ」は表を3回出せば240ダメージを出すことができ、大抵のポケモンを気絶させることができます。

しかし表が何度も出るわけがありません。ではどうすれば良いでしょうか?

答えは簡単です。コイントスをする回数を増やしてしまえば良いのです!

ということでハピナスにエネルギーをどんどんつけてコイントスをしようというのがこのデッキのコンセプトです。

デッキコード:b5Vbk5-QVxYzh-VwV1wF

○ポイント

・ポケモン

『ハピナス』

このデッキのエースアタッカー。

このポケモンにエネルギーがたまらなければ話が始まりませんので、たくさんエネルギーをつけてコイントスをしましょう。

無無無   パワフルビンタ    80×
このポケモンについているエネルギーの数ぶんコインを投げ、オモテの数×80ダメージ。

特性は正直微妙ですw ちなみにウツロイドGXの特性のように複数の状態異常になってしまった場合は1つの状態異常しか治すことができません。

『ゼラオラGX』

エネ加速要員1+サブアタッカー。

雷   フルボルテージGX
自分のトラッシュにある基本エネルギーを5枚、自分のポケモンに好きなようにつける。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

1度きりではあるが急激なエネ加速をすることができて、さらに打点も高い。おまけに逃げエネを無くす特性も持っているのでハピナスの相方として最適のカードです。

『マルマインGX』

エネ加速要員2。

特性により急激なエネ加速ができるためゼラオラGXのGX技を使いきった時にも使えます。またゼラオラGXは基本エネルギーのみしかつけることができないのに対してマルマインGXは特殊エネルギーもつけることが可能です。

特性
エネエネボンバー
自分の番に1回使えて、使ったなら、このポケモンをきぜつさせる。自分のトラッシュにあるエネルギーを5枚、自分のポケモン(「ポケモンGX・EX」をのぞく)に好きなようにつける。

ただし相手にサイドを2枚与えること、GXポケモンにエネルギーをつけることができないというデメリットもあるためピン刺しにしてます。

・グッズ

『おとりよせパッド』

ハピナスの「パワフルビンタ」だけでは物足りず、もっとコイントスがやりたかったので入れてみたカード。50%という確率ではあるものの山札から好きなグッズをサーチすることができるので、ハイボを持ってきて必要なポケモンをサーチしたり、ピン差ししているスピナーを持ってきてスムーズな展開ができたりしました。採用してよかったと思ってます。

『エネルギースピナー』

後攻の最初のターンに使用すると基本エネルギーを3枚まで手札に加えられます。ハイパーボールでトラッシュに置き、ツボツボをベンチに置くことでトラッシュに基本エネルギーが5枚トラッシュに準備できるので採用しました。

しかし後攻の最初のターン以外は腐ってしまうためピン差しにしてます。

・スタジアム

『そらのはしら』

ベンチに置いたあとは用済みとなるツボツボがベンチへの攻撃でやられるのを防ぐために採用しました。使ってみた感覚としてはこのカードが活躍した場面はほとんどありませんでした。しかしスタジアムをゼラオラGXと相性の良いサンダーマウンテンだけだとフィールドブロアが効かない相手のプリズムスターのスタジアムをトラッシュする手段が1枚と心許ないため必要だと思います。

○回し方

ツボツボやダートじてんしゃ等でエネルギーをトラッシュに置き、ゼラオラGXのGX技でハピナスにエネルギーをたくさんつけて「パワフルビンタ」でどんどん攻めます。

ハピナスにねがいのバトンを持たせることで気絶してもゼラオラや2匹目のハピナスに基本エネルギーをつけることができるので、攻撃の手を緩めることなく攻めることができます。

バトンを受け継いだポケモンがやられて場にエネルギーがなくなってしまったら、マルマインGXの特性で再度トラッシュからエネルギーをフィールドのポケモンにつけて攻めましょう。

○改良するなら

事故率を軽減させることを優先したため残念ながら今回デッキに採用はされてませんがこのデッキと相性の良いカードを紹介します。改良したいという方はぜひ参考にしてください。

『ビクティニ』

コイントスの結果を1度だけやり直せる特性を持っているのでコイントスをたくさんするこのデッキと相性が良いカードです。

『スーパーポケモン回収』

ベンチに置いたあとは用済みとなるツボツボを回収することでルガルガンGXやグズマで狙われるのを防いだり、特性を再利用することができます。ダメージを受けてなくても戻せるのでアセロラよりもこのカードを採用した方が良いと思います。

おまけにコイントスをする機会が更に増えますw

『こだわりメット』

ハピナスを1撃で倒されないようにして試行回数を稼ぐことができるカード。同じような理由で1進化ポケモンのHPを上げるムキムキダンベルを採用するのもありですが、サブアタッカーであるゼラオラGXとのシナジーを考えるとこちらの方が良いと思います。

○最後に

このデッキを使う上で注意していただきたいことが1つだけあります。それはフラグを立てないことです!

10回コイントスをして表を3回出せば勝ちという状況で8回以上裏を出す確率は4%であるため勝ち宣言をしました。しかしその後まさかの表が1回しか出せず逆転負けをするという恥ずかしいことが起きてしまいました。

そのためこのデッキを使う際は絶対フラグを立てないようにしましょう!

執筆者:あん@ポケM@S

スポンサーリンク