三鳥入りヌオーフリーザーの話

ゾロアークGXとオクタンに見るドロソとりあえず入れときゃ強い説


日本チャンピオン決定戦2017で優勝
【サーナイトGX+オクタン】

チャンピオンズリーグ2018横浜で結果残したの
【ゾロアークGX+ルガルガンGX】と【ゾロアークGX+よるのこうしん】

これがポケカ界のいわゆる環境デッキ

次の環境作るんはワイや!と思ってる人いっぱいいそう。

ということでとりあえず雑に候補を挙げてみた。

共通点はドローソース

『オクタン』は特性のアビスハンド

自分の手札が5枚になるように、山札を引く。この特性は、自分の番に1回使える。

『ゾロアークGX』は特性のとりひき

自分の番に1回使える。自分の手札を1枚トラッシュする。その後、山札を2枚引く。

『オクタン』は攻撃せずに、ひたすら特性を使い続ける。
『ゾロアークGX』は『ダブル無色エネルギー』さえあれば、攻撃し続けられる。

『サーナイトGX』も『ゾロアークGX』も『ルガルガンGX』も大体120ダメージをコンスタントに出せることができる。
120ダメージ出せれば、どんなポケモンも2回攻撃すれば勝てる。

たねポケモンでない場合、相手の攻撃を一度は耐えることができる。
ということで、相手も同じ条件。

となれば、差を付けるのは準備の早さ。
『サーナイトGX』はまずエネ加速ができる。
あと相手が強いと自分も強くなる。

『ゾロアークGX』は1進化で早い。
引いてきたたねポケモンをすぐに並べて威力アップ。

どんなポケモンならある程度強いと見なされるのか?

  • 1進化ポケモンorたねポケモン
  • 120以上をエネ2枚以下で打てるポケモン

『シルヴァディGX』


『次元の谷』を使えば、2エネで120ダメージを出せる上に『ダブル無色エネルギー』に対応している。

いざとなれば「リベリオンGX」で200を出すことも容易い。

フィールド使用が前提なので、『スカイフィールド』が使えず『ゾロアークGX』の火力が落ちることが難点。

また『サイキックメモリ』も必要になり、パーツが少し多いか。

『ライチュウGX』


雷エネルギーを6枚以上素早く展開できるなら、に限るけど。

『マルマイン』の「特性:エネエネサンダー」とか。

『オクタン』ラインと『レベルボール』の共有ができて、ある程度は早いかな?

『ゾロアークGX』とは『ダブル無色エネルギー』の共有ができないので、難しそう。

「ボルテールGX」と「かみなり」の威力と効果は申し分ないけど、あと一歩及ばないか。

『ミュウツーGX』


超エネ含めて、エネルギーを4つ以上つけたら120を出せる。

『ダブル無色エネルギー』の共有はできるが、1匹倒されるとじり貧。

超タイプの逃げやすさは評価できるが、リカバリーがきかず、エネ加速手段も乏しい。

『ゾロアークGX』とシナジーのある『マオ』を使えば、『ピーピーマックス』の効果を確実にできるが、それぐらい。

『オンバーンGX』


あまり知られてないけど、逃げエネが実は0。

『ダブルドラゴンエネルギー』を考慮すれば、エネ2枚で120を出せる。

悪エネを使えるので、『ゾロアークGX』とのシナジーも十分。

『ダブル無色エネルギー』と『ダブルドラゴンエネルギー』の選択になるか。

特殊エネ環境の場合、「ラウドソニック」はかなり刺さるし、「ディストーション」も十分に刺さる。

問題は『オンバット』がドラゴンタイプではないため、『ダブルドラゴンエネルギー』をつけられないこと。

『グソクムシャGX』


「であいがしら」が非GXの『ゾロアーク』と相性がばっちり。

『ダブル無色エネルギー』の共有もばっちり。

ただ、『巨大植物の森』を使うと、『スカイフィールド』を使えないので、『ゾロアークGX』の火力が落ちてしまう。

そのため、いざという時に相手ポケモンを倒せなくなる恐れがある。

非GXの『グソクムシャ』がGX・EXポケモンに対して150、『こだわりハチマキ』で180まで出せるので、それを入れてもよい。

スポンサーリンク