ドリームリーグの収録カード一覧と評価

よく使うサポート


ここではよく使う、便利なサポートについて解説します。

サポートとは
自分の番に1枚しか使えないトレーナーズです。
使ったら、カードに書かれていることをして、トラッシュします。

公式サイト:遊びかた説明書より

『バトルサーチャー』という便利なカードがあります。
トラッシュにあるサポートを使い回すカードです。
それを4枚入れている場合は、サポートは1枚で十分です。
どうしても使いたい場合は2枚。そんなところです。
『プラターヌ博士』『N』はその限りじゃありませんが。

『フラダリ』『グズマ』


どちらか1枚はデッキに必ず入れたいカードです。

相手のベンチポケモンをバトル場に引っ張り出すことができます。

相手が育てているポケモンをくじくのでも、置物になっている『シェイミEX』を倒してサイド2枚取るのでも、どちらもよく見る光景です。

「フラダリシェイミ」
『フラダリ』(若しくは『バトルサーチャー』)が手札にある状態で、相手のベンチにいる『シェイミEX』をバトル場に引っ張り出し、きぜつさせ、最後のサイドを2枚取り、勝利すること。

便利なカードなので、ほとんど全てのデッキに入っています。

ベンチにGX・EXポケモンがいる場合、相手のサイドが2枚になった状況では必ずこのカードを考慮して動かなければなりません。

かなり動きが縛られてしまうので、ポケカではサイドを4枚取られるまでが勝負を決めるといってもいいです。

『アセロラ』


上で「フラダリシェイミ」について書きましたが、それを避けるカードももちろんあります。

手札に避難させてしまえばいいのです。

似たようなカードに『AZ』というのがあります。

デッキによって、どちらを入れるかまた変わってきますが、余裕があれば入れておきたい1枚です。

弱ったポケモンを手札に戻す他、手札からベンチに出した時に使える特性をもう一度使うために手札に戻すといった使い方もあります。

どちらにせよ、戦況を大きく変えるカードなので、覚えておいて損はないです。

『センパイとコウハイ』


このカードはデッキから好きなカードを2枚手札に加えることができます。

条件として、前の相手の番に自分のポケモンがきぜつしていなければなりません。

なので、不利な状況を少しでも挽回するカードと考えていいかもしれません。

前の相手の番にきぜつ、なので『マルマイン』『ミロカロス』は残念ながら使えません。

サーチ手段の乏しい特殊エネルギーやグッズに使うことが多いように思えます。

『アズサ』


ポケモンEX以外のたねポケモンを3匹までベンチに出すことができます。

GXポケモンが出る前に作られたカードなので、GXポケモンについてはテキスト内で言及されていません。

そのため、EXはダメだけどGXは大丈夫です。

GXポケモンを3体出してもいいし、非GX・EXを3体出しても構いません。

使い方として一番多いのはやはり『カプ・テテフGX』から繋ぐタイプです。

最初のターンに『ハイパーボール』『カプ・テテフGX』があれば、このカードに繋いで、ベンチに一気にたねポケモンを並べます。

そして、2ターン目以降にそれらを進化させていきます。

進化ポケモンを中心にデッキを組む場合には、かなり便利なカードになります。

『オカルトマニア』


このカードは一時的に相手ポケモンの特性を無効化することができます。

相手のデッキを対策するようなカードになるので、戦い慣れるまではあまり便利さにピンとこないかもしれません。

ただ、アタッカーのほとんどが、GX・EXポケモンの場合は1枚入れておく必要があります。

『アローラキュウコン』『フーパ』はGX・EXポケモンからダメージを受けません。

誇張表現ではなく、全く手も足も出なくなるので、特性の無効化は必須です。

スポンサーリンク