ドリームリーグの収録カード一覧と評価

《SMレギュ・Winter Battle》ルカリオGXが待てない!【ガブリアス+ルカリオ】


ルカリオGXが発表されました

1エネで120点以上出せるのは偉い

でもニコタマに非対応

性能的にはピン差しか?

ということで、【ガブルカ】へピン差し

そもそもガブルカとは

100+100の圧倒的火力

闘無無   おうじゃのやいば    100+

この番、手札から「シロナ」を出して使っていたなら、100ダメージ追加。

ということで、SMレギュにおいて使いやすさではトップレベルの『シロナ』を使ったターン、3エネで200点まで出せるようになるわけです。しかも『ダブル無色エネルギー』に対応。最強か。

また、進化前の『フカマル』、『ガバイト』ともに自らを進化させるワザを1エネで使うことができます。

闘      かくせい

かくせい
このポケモンから進化するカードを、自分の山札から1枚選び、このポケモンにのせて進化させる。そして山札を切る。

このカードのおかげで普通であれば2進化と少し重たいところを、1進化並みの進化スピードで展開していくことができます。山札から『ガバイト』に進化できるため、『ガブリアス』の採用枚数>『ガバイト』の採用枚数になることもしばしば。

また、『バトルサーチャー』が落ちている環境で『シロナ』を何度も手札に持ってくるために『ともだちてちょう』も採用されます。相性のいいスタジアムさえ出れば『ルザミーネ』も採用していいかな?

好きなカードを1枚、手札に加える。

はどうよち

自分の場に「ガブリアス」がいるなら、自分の番に1回使える。自分の山札にある好きなカードを1枚、手札に加える。そして山札を切る。

最強の文言です、好きなカードを1枚加える。万能サーチなので、頑張って2匹ベンチに並べましょう。

ということで、好きなカードをサーチしながら、圧倒的火力で相手をねじ伏せていく王道スタイルになります。『ゾロアークGX』に近い?

ガブルカのレシピ

Winter Battleで優勝した【ガブリアス+ルカリオ】のデッキレシピです。今のところ、サポートとして『ゾロアークGX』や『ジジーロンGX』、『ルガルガンGX』を添えたデッキが活躍しています。また、サーチとして『アローラロコン』が入れられているのも特徴。『ガブリアス』は2進化とは言え、省エネでワザが打てるので、早々に進化させたほうが強い。そのための採用かと思われます。

スポンサーリンク



各カードの採用枚数

上に挙げたデッキにどのポケモンが何枚採用されているのかをまとめた表がこちらです。

『ガブリアス』の4枚採用が目立ちます。4:2:4が一番多い。非GXなので、短期間で決着がつくことが少なく、わりと悠長に構えてもベンチで育てられることが原因でしょうか。

ルカリオの進化ラインについては、3:3が多め。複数立てれば、その分「はどうよち」で好きなカードをサーチできるので、無駄になることがありません。『ジュナイパーGX』と似たような感覚です。

ここで考えるべきは、『ルカリオGX』をどうするか。『ルカリオ』を2枚にして、『ルカリオGX』を1枚入れるのか。はたまた、『ルカリオ』を3枚のまま、4枚目の進化先として『ルカリオGX』を入れるのか。

進化したターンにダメージがあがる特性上、ベンチに常に『リオル』を置いておきたい。ただ、棒立ちにしておくと倒される可能性もあるので、そこが懸念事項か。『ルカリオ』の「はどうよち」を使って必要なタイミングで『ルカリオGX』をサーチできたら強い。ただ、このカードは2ターン目の攻撃に続けることができないので、どうしても1回殴っては『アセロラ』で引いて、ベンチにあらかじめ待機させておいた『リオル』にまた重ねて攻撃といった流れになってしまう。このアセロラループをするためには、『リオル』の枚数は確保しないといけないので、3枚しか入れないと「はどうよち」要因が1枚になってしまう。かといって、4枚投入してデッキがまわらなくなったら元も子もない。

別にアセロラループがすべてではなくて、他のGXワザの候補がないのであれば、2回目ターンに撃つアホみたいな火力を目的に採用してもいい。

『アローラロコン』を入れた構築で、必要などちらかをサーチできたら3:2,2でも良さげな気もするけど、そこは何回も試して微調整していきたい。

スポンサーリンク