三鳥入りヌオーフリーザーの話

GXスタートデッキ強化改造計画!ポケカ初心者必見!!


先日、GXスタートデッキというポケカの構築済みデッキが発売されました。目玉となるGXポケモンを絵柄そのまま光らせなくすることで、価格をなんと500円に抑えて、ランダム性0のスターターデッキとして世に出したわけです。すごい。周りを見ていると、ポケモン知ってるけどカードゲームはしたことないって人がどんどん始めていってます。ヤルカ、ポケカ!やっぱり気軽に試せるって大事だと思うんです。

  

で、いざ買ってみると、楽しい、もっとやってみたい!と思ってくれる人も多いはず。もっとこのデッキを強くしたい!って人もきっといるはず。最初から諭吉握りしめてカードショップに行って、店員さんの言われるがままにカード買う度胸のある人なんてそういません。1000円ぐらい握りしめてカードショップやブックオフのストレージを漁る度胸のある人もそこまでいないかもしれない。

そんなことは置いといて、手段は何でもいい。初めてのGXスタートデッキを改造して強くするためには、どんなカードを入れたらいいのかについて考えました。もちろん、一番重要なことは「最初は安く」ということ。ハマるかわからない遊びに大金使うなんてアホらしいですから。

ということで、金額別に改造案を書いてみました。小・中学生や軽い気持ちでポケモンカードでかるーく遊びたい!って人向けの500円改造計画、もうちょっとお金出せるよ!っていう大学生向けの3000円改造計画、そしてポケカハマったからとりあえずバトル勢に蹂躙されたくない人向けの10000円改造計画の3段階です。

全てのカードのレアリティを最高にしたい富裕層向けの改造計画はもはや改造ではないので、いっぱいパック買ってください。

500円改造

Twitter #GXスタートデッキ300円改造 というハッシュタグが少し流行っています。300円かつ、変更カードは10枚以内というルールを設定して、GXスタートデッキの使い勝手をよくする運動だそうです。この記事もそのタグの延長として書き始めたものなので、Twitterアカウントを持っている人はぜひそちらもご覧ください。

このハッシュタグを見ていると、ポケモンのパーツを少しいじり、グッズとサポートを2枚ずつ加えるというのが多いようです。確かにGXスタートデッキには数合わせのようなポケモンが多く入っており、あまりポケモン同士のつながりが感じられないようなデッキになっています。また、サポートやグッズも4枚入っているものは無く、いろんなカードに触れてもらおうという意図があるように見えます。

ただ、今回はそこからもう一歩踏み込んで、安さを最優先にしながら、使い勝手を犠牲にすることのないように500円まで合計金額をあげて、入れ替える枚数もあえて設定しませんでした。   

・ハイパーボールを2枚追加(60円)



入れ替えるカードは無色タイプのポケモンを1枚と、本来進化するはずなのに進化系がデッキに入っていないポケモン1枚です。超、妖、悪デッキに関しては、進化前ポケモンが2種類あると思うので、無色ポケモンを抜かずにその2枚と入れ替えましょう。

『ハイパーボール』はポケモンカードゲームの基本になるカードです。デッキから好きなポケモンを持ってこれるため、『ネストボール』をデッキに入れているのであれば、進化系のポケモンのサーチに使いましょう。コストにするのはダブった進化前のポケモンか、余ったエネルギーカードが最適。トラッシュのカードを利用する効果をもつカードがデッキにあるのであれば、もちろんそれに合わせてトラッシュしていきましょう。(例えば、『ラランテスGX』のワザ)
  

・シママゼブライカラインを3:2で追加(シママ30円、ゼブライカ50円で190円)


どのタイプのデッキにも1進化ポケモンの進化ラインが3:2で入っているはずです。3:2というのは、進化前のたねポケモンが3枚、進化した1進化ポケモンが2枚という意味です。鋼デッキであれば、『アローラディグダ』&『アローラダグトリオ』、草デッキであれば『レディバ』&『レディアン』みたいなやつです。これをごっそり、『シママ』と『ゼブライカ』に入れ替えます。この進化系を入れる理由として、『ゼブライカ』の特性によるドロー加速があります。

はやがけ

自分の番に1回使える。自分の手札をすべてトラッシュし、山札を4枚引く。

この特性は『ゼブライカ』がベンチかバトル場にいれば、毎ターン使うことができます。雷デッキじゃないけど、このカード入れていいの?と思った方もいるかもしれませんが、いいんです。このポケモンは戦いません。ベンチで突っ立ってるだけです。毎ターン特性を使うためだけにいます。なので、一旦進化してしまえば、2枚目以降の『シママ』とか『ゼブライカ』はトラッシュして大丈夫です。このカードは最近発売した「迅雷スパーク」に収録されています。運試しで買ってもいいよ!

・レスキュータンカを2枚追加(60円)

基本エネルギーが16枚入っているので、それを2枚減らしましょう。基本的なデッキにはだいたい12枚前後のエネルギーを入れることになりますが、それはドローソースがしっかりしている場合です。元々のGXスタートデッキのレシピでは、ドローソースはほぼサポートのみで1ターンに1枚のエネルギーを確保することが難しいので、16枚+1枚になっています。しかし、『ゼブライカ』をいれたので、デッキの回転率が上がるはずです。なので、2枚ぐらい減らしても大丈夫。

このカードは、トラッシュにあるポケモンをデッキか手札に戻すことができます。大会に出るようなデッキでも普通に入っているカードですが、それ以前にカードゲームに慣れていない方は、トラッシュするという行為が勿体無く感じることが多いと思います。それを少しでも軽減できればと思って、あえて積極的に入れました。GXポケモンが1枚しか入っていないので、それを倒されたら終わりというプレッシャーも減らせたらと思います。

・リーリエとマーマネを1枚ずつ追加(60円)

ドローサポートと呼ばれる、デッキからカードを引く効果を持ったサポートがどのデッキにも8枚程度収録されていると思います。そこに『リーリエ』と『マーマネ』を3枚ずついれたいので、何か適当なカードを2枚抜いて入れ替えましょう。何でもいいです。自分の中で優先順位をつけて入れ替えてみて大丈夫。GXスタートデッキに入っているカードにそこまではっきりとした差はありません。

ここまでで370円。ここに『こだわりハチマキ』を3枚ほどいれて、約500円!でいこうと思っていたのですが、一つ問題がありまして。この『こだわりハチマキ』というのは、相手のGXポケモンに対してのダメージをあげるグッズなんです。でもご存知の通り、このGXスタートデッキにはGXポケモンは1匹しか入っていません。相手のデッキが改造デッキやオリジナルデッキであればいいのですが、今紹介したようなプチ改造やそのままのデッキであれば腐りかねないということで、一旦保留にしました。相手がGXポケモンを入れていたり、何人かと連続してバトルする時があれば、こだハチ入れてもいいです。
   

3000円改造

『グズマ』が1600円、『アセロラ』が1300円として、2枚ずつ入れると1800円。『グズマ』は「光を喰らう闇」、『アセロラ』は「新たなる試練の向こう」に収録されています。ちなみに『アセロラ』のSR(スーパーレア)が一定確率で当たるのですが、これの中古市場は最近のカードでいうと2番目くらいに高い。1000020000円。いっぱいパック買おう。

あと収録されているGXポケモンの枚数を2枚増やすとして、約600円。安いGXポケモンはもっと安いはず。

進化しないたねポケモンがデッキによって2~3枚収録されているはずです。それらをGXポケモンと入れ替えてしまいましょう。

これで2400

500円改造と合わせて、合計3000円改造がこのラインです。  

10000円改造

IN テテフ2枚(6000円)



そういえば、海外限定で新しい絵柄のテテフが出るらしいです。多分日本でもいつか発売されるので楽しみ。日本のテテフは「アローラの月光」と「GXバトルブースト」に収録されています。


  

最後に

ここに書いたのはほんの一部の強いカードです。ここにスタジアムを加えたり、その対策になる『フィールドブロアー』を加えたり、『シロナ』等の他のドローサポートを加えて、トレーナーズを完成させていきます。タイプによっては、『ミステリートレジャー』や『アクアパッチ』、今度出る『ネットボール』と、色々専用カードを入れるともっと強くなります。

ポケモンに関していえば、毎月出てくる新パックから相性が良さそうなポケモンを加えていくだけで、どんどんオリジナリティは上がっていきます。GXポケモンを2種類入れてみてもいいし、とりあえず汎用カードと名高い『ゾロアークGX』を入れてみたら、雑に強さは跳ね上がります。あとはプレイング次第。もちろん、ゾロアークだってカプ・テテフだって万能じゃないけど。

スポンサーリンク