三鳥入りヌオーフリーザーの話

デッキレシピ【ガオガエンGX+アクジキングGX】


初めて寄稿させていただきます。たかもと申します。

今回、紹介させていただくデッキは『ダークオーダー』に収録されている「ガオガエンGX」をメインとしたデッキです。

どうしてこのポケモンなのか説明しますと……僕が悪タイプのポケモンが好きだからです!(笑)。悪タイプのポケモンを使いたい人はこちらのデッキを少しでも参考にしていただけたらと思います。

そんなわけで、この『ダークオーダー』が発売されるのをすごく楽しみにしていました。おそらくポケカをプレイしてなくても、悪ポケモンたちのカード欲しさにパックを買っていたと思います。(とはいっても品薄の状況なので、本当に欲しい方の手に渡ったほうがいいのですが……)

前置きはこの辺にしてデッキの紹介に移りたいと思います。

・「ガオガエンGX」→「クチナシ」→「アクジキングGX」

「ガオガエンGX」……このカードは「スカーチャージ」という特性を持ったポケモンです。この特性を1回発動するだけで、山札から悪エネレギーを3枚まで持ってくることができます。これで通常技「クラッシュパンチ」はもちろんGX技「DDトルネードGX」も発動することができます。これが最速2ターン目で可能なのが魅力です。

そして、特性「スカーチャージ」は毎ターン発動できるので、5個悪エネルギーを「ガオガエンGX」につけた状態で「クチナシ」でトラッシュの「アクジキングGX」と入れ替えちゃえば大技「グラトニーGX」もすぐに発動できるんです! 仮に「グラトニーGX」で倒したポケモンがGXポケモンであればサイドカードを一気に4枚も取れるという……凶悪すぎる。

・「イベルタル」

こちらも「ダークオーダー」に収録されているカード。にげるために必要なエネルギーがいらないというのは非常に頼もしいです。対戦の序盤はこのカードをバトル場に置けるような展開が理想です。

・「エネルギー循環装置」

「ガオガエンGX」の特性「スカーチャージ」を多発するとあっという間に山札の悪エネルギーは枯渇してしまいます。それをこちらで補いましょう。似たようなカードで「エネルギーリサイクル」というカードもありますが、山札に戻す悪エネルギーは3枚で十分だと実際に回して感じました。

・「ブラックマーケット♢」

このカードゲームの勝利条件であるサイドカードを取るという行為を妨害するこの新弾に収録されているカードの中で注目度が高いカード。と言っても気をつけてほしいのは、「悪エネルギーがついている悪ポケモン」のみということ。悪エネルギーがついてない「ゾロアークGX」には効果をなさないし、そもそも「カプ・テテフGX」にも効果がないということ。ですが、アクジキングGXでサイドを一気にとってサイドレースに勝利することを考慮するとこのカードも採用となりました。実際に使ってみると「あったらあったで便利なカードだな」という感じでした。

序盤の回し方

軸になるカードの紹介はこんなところでしょうか。では続いてデッキの動かし方について説明させていただきます。

【序盤→2ターン目でクラッシュパンチを発動】

序盤で念頭に置いて欲しいのは「ガオガエン出す」「クラッシュパンチ打つ」この2つです。

相手がちょっとでも手札が悪そうだったり、思った動きができてないようだったら、遠慮する必要はありません。最速2ターン目で「クラッシュパンチ」130ダメージを叩き込みましょう!

このデッキにガオガエンの進化前である「ニャヒート」は入ってません。それは3ターン目ではなく2ターン目に「ガオガエンGX」をバトル場に登場させたいからです。「ニャヒート」を入れたい場合は「ふしぎなあめ」とお好みでお願いします。

とにかく「ニャビー」「ふしぎなあめ」「ガオガエンGX」の3枚を手札に持ってくるだけを考えましょう。その準備が整う間はにげるために必要なエネルギー0の「イベルタル」がバトル場にいるのが理想です。

中盤の回し方

【中盤→クチナシでアクジキング?それともガオガエン続投?】

中盤ではタイトル通りで、アクジキングとガオガエンのどちらのGX技を発動するかの選択を早めに考えておきましょう。このデッキはアクジキングのGX技でサイドカードを2枚も多く取れるという大技を使うのはこのデッキコンセプトのひとつですが、どうしても「アクジキングGX」が上手くトラッシュに落ちなかったり、「クチナシ」がサイドカードに落ちていたり、そもそも相手のポケモンの残り体力が100以下にならないなんてケースも……。

その場合はすぐにガオガエンで続投するプランに変更しましょう。ガオガエンのGX技も決して弱くありません。特性「スカーチャージ」を2ターン目も発動してしまえば、310ダメージ以上は確定です! ですが、ガオガエンで続投するプランに変更する場合、必ず山札内の悪エネルギーの枚数は記憶しておきましょう。必要に応じて「エネルギー循環装置」を使って「スカーチャージ」用のエネルギーを復活させましょう。そしてベンチにて2体目のガオガエンの準備も忘れないように!

終盤の回し方

【終盤→山札の悪エネの数は残り何枚?そのままサイドレースに勝利せよ】

このデッキはどんな絶望的な状況でも逆転のチャンスはあります。やはりアクジキングのGX技「グラトニーGX」を叩き込んでサイドカードを一気にいただくのは最高に気持ちがいいです。スタジアム「ブラックマーケット♢」を中盤に貼ることができれば、条件付きですが多少相手に不可を与えることも可能です。

どんな不利な状況でも諦めずに、残りの山札のエネルギーの数、ポケモンやサポートを思い出してください。

例えばですが、こんな状況はいかがでしょうか?

・自分の残りサイドカード2枚

・デッキには悪エネルギーは3枚以上ある

・「ニャビー」が前のターンでベンチにいる

・相手のベンチに「カプ・テテフGX」が存在する

・自分の手札は「喰いつくされた原野」「ふしぎなあめ」「ガオガエンGX」「グズマ」「こだわりハチマキ」の5枚

スタジアム「喰いつくされた原野」は悪タイプポケモンが使う技のダメージを+10するもの。このスタジアムが展開されている状況で「こだわりハチマキ」をベンチで前のターンからスタンバイしていた「ニャビー」に装備。手札の「ふしぎなあめ」を使い「ガオガエンGX」に進化。特性「スカーチャージ」で山札の悪エネルギーを3枚つける。「グズマ」でこちらは「ガオガエンGX」をバトル場に、相手のベンチの「カプ・テテフGX」をバトル場に。「クラッシュパンチ」を打つと130+30+10でぴったり「カプ・テテフGX」の体力に届きます。それで、サイドを2枚取ることができ、勝利となります。こんなアニメみたいな展開、実現化するのはなかなかないかもしれませんが、やってみたいじゃないですか!?

最後に

以上、デッキの解説とさせていただきます。

最後に、ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。

いいかがでしたか? ガオガエンとアクジキングというアローラ地方の悪ポケモンたちは。

改めてデッキの見るとGXポケモンばっかりだなと……。本当はその対策とかも必要なんですけどね(笑)。技「あくのいましめ」をもっている「マニューラ」とか特性「バンデットガード」をもつ「フーパ」とか採用してもいいのかな……?

また、どうぐに頼っている場面が多いので、「アローラキュウコンGX」の特性「ふしぎなみちびき」とか欲しくなります。そうなると「ユニットエネルギー闘悪フェアリー」みたいなカードも入ってくるのかなとまだまだ改造の余地はたくさんあります。

ポケモンカードって自分のお気に入りのポケモンを使って遊ぶのがいちばんだと思っています。最初にも書きましたが、僕は悪タイプのポケモンが大好きです。そんな僕が今回アローラ地方の悪ポケモンを大活躍させてやれるデッキが作れて満足です!(まだまだカードプレイヤーとして未熟な部分はありますが……)

はやく「サメハダーGX」でないかな……(小声)。

執筆者:たかも

スポンサーリンク