三鳥入りヌオーフリーザーの話

U.B.デンジュモクGXは強いのか?


デンジュモクGXの解説

GXバトルブーストに収録される『デンジュモクGX』の詳細が発表されました。

めちゃめちゃ弱いぞ!いや、決めつけるな!考えろ!ということで考えてみた。

特性:フラッシュヘッド

このポケモンは、特殊エネルギーがついている相手のポケモンから、ワザのダメージを受けない。

これは『ギルガルドEX』の「特性:マイティシールド」と全く同じ効果です。

現在、『ゾロアークGX』や『シルヴァディGX』、【よるのこうしん】といった強力なデッキにおいて、『ダブル無色エネルギー』の採用率がかなり高くなっています。また、『ルガルガンGX』や『マッシブーンGX』には『ストロングエネルギー』を付けることが定石となっていますので、弱点の闘タイプに対してもある程度強気で出ることができます。

でも、『ギルガルドEX』って現環境で使われていません・・・
環境トップの『サーナイトGX』の弱点をたねポケモンでつけるにも関わらず、採用しているデッキを見ることはほとんどありません。GX・EXポケモンからの攻撃を受けない『フーパ』についても同じことが言えます。

『オカルトマニア』で対策されちゃうからなんですね。
『シェイミEX』や『カプ・テテフGX』もまとめて封じることができるので、これを1枚デッキに入れておくだけで安心材料になります。
『オカルトマニア』をGXワザで落とせたらゲキツヨ丸ですね。

結論

フラッシュヘッドだけでは、軽い抑止力程度にしかならない!
他の雷タイプが本気出せば、環境に影響は与えられる!

ランブルワイヤー

雷雷無  ランブルワイヤー   100
相手の山札を上から1枚トラッシュする。

必要エネルギー3つで100ダメージはかなり低い部類です。
同じエネルギーの条件で言えば、『マーシャドーGX』は「せいけんづき」で120、『カプ・ブルルGX』はエネルギーを全てトラッシュすると180も出せます。

また、同じタイプで同じたねポケモンの『カプ・コケコGX』はエネルギーの付け替えまでできて、威力130ですので、やはり100は低いでしょう。

そのため、威力が低い分、追加効果で納得できるかというところが大事です。
「山札の上から1枚トラッシュ」は強いのか?

言ってしまえば微妙なラインですかね。
ポケモンは『レスキュータンカ』、サポートは『バトルサーチャー』といった具合に、汎用カードですぐにリカバリーされてしまいます。スタジアムやどうぐを落とせば、『フィールドブロアー』のような働きが期待出来ますが、それではかなり分が悪いでしょう。

毎ターンデッキを1枚減らせると考えれば、マシかもしれませんが、HP180で電気タイプならそれほど長く居座ることもできないでしょう。
また、後続をたてるにしても『ねがいのバトン』でエネルギーの問題を解決しなくてはならないので、連発することはやはり無理があります。

結論

このワザ絶対死ぬほどよわいでしょ!

ライトニングGX

相手の手札を見て、その中にあるカードを1枚、ウラにして相手のサイドとして置く。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

これを必要エネルギー1つで打てるのはかなり強いです。相手の手札を見た上に、最も重要なカードをそこから抜いた挙げ句、相手のサイドを増やせる。これだけ読むとめちゃめちゃ強い!

ただ、ポケカにはサイドというシステムがある以上、どうしても必要なカードは2枚以上デッキに入れることになります。
デッキ構築の段階で1枚のカードに頼り切るということはないんです。
そして、GXワザを打つまで、手札に重要なカードがあるか分かりません。
キーとなるポケモンや、ドローソースがたまたま相手の手札に1枚しかない場合はかなり有効です。しかし、そのタイミングを見極めた上で1度きりのGXワザを打つかと言われると・・・

ハンデスカードと見ればかなり強力な部類に入ります。
『ヨノワール』や『デカグースGX』で手札を確認してからうつことができればいいと思います。普段日の目をみないカードをこうして舞台に引っ張り上げるなんてデンジュモクGXめちゃくそイケメンです。
1エネで打てるので、サイドとしておく効果なくていいから、何度か打てればよかったなーというのが正直なところ。

結論

実践級のデッキに対しては、よほどタイミングを選ばなければ刺さらない!

まとめ

タイミングが良かったら、めっちゃ刺さるけど、現実味がない!
UB専用サポートくるまで待機! じゃあな!

スポンサーリンク