三鳥入りヌオーフリーザーの話

トレカは株だ!資産だ!ポケカ運用のススメ!!


カードは株だ、日課は相場チェックだ!!

トレーディングカードの強みは、いざとなれば売れること! ソシャゲはデータだけど、実際のカードだと1枚ずつ売れちゃう!(データ売買とかあるけど)ということで、どのタイミングで売ればいいか、どのタイミングで買えばいいか。管理人は遊戯王とポケカしかしてませんので、トレカ全般に当てはまるかは知りませんが、この2種類のカードゲーム経験から得たノウハウを書いていきたいと思います。ポケカのサイトなので、もちろんポケカに焦点を当てて。

その1:発売初日に9割のカードを売ってしまえ!!

ポケカは、「闘う虹を見たか」「光を喰らう闇」以降、1箱に必ずSRというワンランク上のカードが確定で封入されています。正確に言えば、SR以上確定なので、さらにその上のレアリティ(HRやUR)がゲットできる可能性があるわけです。

ポケモンカードのレアリティ一覧
カードのレアリティについて分かりやすく紹介します。どのカードがどのレアリティなのか、1パックに入ってる確率はどれくらいなのか。

もちろん、レアリティの高いカードが確定で手に入るからといって、毎回のパックを発売日に買ってしまえ、とは言いません。どれだけ良いタイミングで売っても損することはあります。でも、パックを剥きたくなるのがカードゲーマーというもの。新しいカードも欲しいし、もしかしたら手に入るレアリティの高いカードを手に入れたい!そう思う人もいっぱいいるでしょう。

問題は、箱買いをした後、どのタイミングでカードを売ればいいかということです。結論をもう書いていますが、初日に売るのが一番。例外はもちろんあります。でも、とりあえずは初日に売るというのが大原則です。これは忘れないでおきましょう。

2017年7月15日に発売された「ひかる伝説」というパックがあります。そこに『ミュウツーGX』が収録されたのですが、なんとさすが初代に伝説ポケモン、シークレットレア(非公式名称)が収録されました。通常、このパック発売時点でGXポケモンはRR、SR、HRのみが存在しているのですが、新しいレアリティのカードが出たわけです。封入率も分からないし、ポケモンが強いのかも分からないし、コレクターがどれくらい必死に集めるかも分からない。初代ということで、ある程度人気も出そう。ということで、かなり相場予測が難しいカードでもありました。

その価格推移をグラフにしました。
ヤフオクの取引価格です。

発売が7月15日ですので、フラゲが流されたであろう初日が一番高いです。そこから1週間の間に1000円ほど価格が落ちています。1000円も落ちるのであれば、初日に売ってしまった方がお得ですよね!?これはカードの価値が高くなれば高くなるほど顕著です。初日が500円のカードが100円に落ちたところで、400円しか下がりません。しかし、このカードは元々3500円。そこから1000円落ちているのですから、これは大変です。

貴重なカードこそ、早く売ってしまえ!!!

スポンサーリンク



でも後から高くなることってあるじゃん

そうです、価値が認められれば相場はあがります。カードの効果を完全に把握して、これからの環境の変化を見通せるのであれば、手元に残しておいた方がいいでしょう、そりゃ、そりゃあね。でも、そんなの難しい。『ゾロアークGX』が強いことはみんな分かってたはず。だからこそ、1000円を切ることはあまりなかった。

でも『シェイミEX』や『カプ・テテフGX』ほど必須カードではないと思っていた。だからこそ、そこまで値段が上がることはなかった。たまにショップの小さな大会で優勝することはあっても、そこまで気にも留めなかった。

しかし、2017年9月3日、事態は急転しました。
ポケモンカードゲーム チャンピオンズリーグ2018 横浜の開催。
「ひかる伝説」発売から2か月弱。

マスターリーグ
優勝:シブヤ セイタロウ選手【ゾロアークGX+カプ・テテフGX】
準優勝:イトウ シンタロウ選手【ゾロアークGX+ルガルガンGX】
ベスト4:スズキ トシユキ選手【マーシャドーGX+よるのこうしん】
ベスト4:クボ アツトシ選手【マーシャドーGX+よるのこうしん】
ベスト8:ナカニシ タカシ選手【ゾロアークGX+ルガルガンGX】
ベスト8:ヒビノ コウスケ選手【ゾロアークGX+ルガルガンGX】
ベスト8:ミヤモト コウヘイ選手【ゾロアークGX+ルガルガンGX】
ベスト8:ヤマダ ハルキ選手【ゾロアークGX+よるのこうしん】

シニアリーグ
優勝:オカダ リュウキ選手【ゾロアークGX+よるのこうしん】

ジュニアリーグ
優勝:イノウエ ナオヒト選手【ゾロアークGX+ルガルガンGX】

公式サイトより抜粋 http://www.pokemon-card.com/recipe/decks/

Twitter等で優勝レシピを見て、これは大変だと思った方も多いでしょう。こいつぁヤベェことになっちまった。って叫んだ方も多いでしょう。学校サボってショップに直行した方も多いでしょう。

ゾロアークめっちゃ多いやん!!!

まさかここまでみんなゾロアーク使うとはね。
ゾロアークの殴り合いになるとはね。
じゃあそりゃみんな買っちゃう。

これが価格変動のグラフです。

大会のデータが出回ってから急激に値段があがっています。
でもだからと言って、ゾロアークGX手元に残してた人どれくらいいますか?そんないないでしょ。当たったのを置いてたのならまだしも、1000円?安い安い!買い占めとこ!って人は少なかったはず。それよりもデータが出回ってから買いに走った人の方が多い、絶対。

結果残したの確認してから売買しても間に合う!

ヤフオク?メルカリ?ショップ?どこで売るの??

メルカリはフリマ形式で物を売ることができます。
出品者が値段を決めて、その値段で買い手がつきます。
販売手数料が10%もっていかれます。

ヤフオクはフリマ形式とオークション形式の両方を選べます。
ただ、オークションについてはプレミアム会員限定です。
Yahoo!プレミアム会員費は月額498円。
販売手数料は、非プレミアム会員が10%。
入会すると、両方とも8.64%になります。

結論から言うと、
初日に限り、オークションではなく、フリマで売ろう!!

というのも、ヤフオクの最短開催期間は13時間です。
13時間たたないと、落札されないわけです。
その間にも相場は下がっていきます。
入札終了時刻ぎりぎりで入札する人が多いからです。

2017年10月20日に発売されたハイクラスパック「GXバトルブースト」に初めて収録されたポケモンのUR(ウルトラレア)、『ソルガレオGX』の相場を見てみましょう。『ミュウツーGX』の時はシールド戦が開催されていたため、発売日より早く手に入れることが可能だったわけですが、このパックに関しては早くても2日前に非公式のフラゲ程度でしか手に入れることができませんでした。しかし、初めてのポケモンのURということで、これについても相場予測がかなり難しいものとなっています。

ヤフオクで一番最初の落札価格が3000円。
対して、メルカリでは、4222円の購入履歴があります。

相場が安定していない状態で、賭けに出た人がいるわけです。
もっと下がるかも、でももっと上がるかも。
そうやって価格変動の不安を煽ることができます。

これらは初日の相場が不安定な時期についての話です。
ある程度安定した後であれば、値段がどんどん上がっていって、且つ販売手数料の低いヤフオクの方がお得でしょう。送料も基本的に落札者持ちが一般的です。なので、メルカリとヤフオクは状況に応じて使い分ける必要があります。

で、ショップに関してはピンキリです。
そりゃ利益上げないといけないので必死です。
なので、私の感覚で話します。あんまり信用はしないでほしいけど。

たぶん強くない新規RRカードは初日にショップで売ろう!

さいごに

ポケモンカードはレギュレーション落ちがあります。
なので、昔のカードが急に高騰することは稀です。

『シェイミEX』や『カプ・テテフGX』がどのデッキにも入る所謂汎用カードで、低いレアリティのものが存在しないカードです。そのため、全盛期は2000~3000円前後。再録が決まると、1500円前後に落ち着きます。しかし、このカードもいずれは使えなくなってしまうものです。

今後は、「これは汎用カードになる!」と予想できるカードが出たら相場を気をつけて見ておきましょう。
もしかしたら、読みが当たって得することがあるかも?

でもそれで儲ける額なんてそんな大した額ではありません。
うまくはまって1万円ちょっとプラスになるくらい。
その程度の額を狙って、無駄にカードを手元に置いても意味がありません。

そこまで得したいなら、初日に箱買いをして、初日に売りさばく。
こっちの方が割りと安定して黒字に持っていける、かも?自己責任でお願いしますね。

スポンサーリンク