ドリームリーグの収録カード一覧と評価

くさタイプの中心的なカード


草タイプの中心はなんと言っても『巨大植物の森』『活力剤』

すぐに育てて、手札に戻してリセット、またすぐに育てる。

これを繰り返して、ダメージレースを有利に進めていきます。

エネ加速

『クワガノン』


アゴジムシ→デンジムシ→クワガノンの2回の進化を経る必要があります。

そのため、すぐエネ加速を使うことはできません。

しかし、草エネルギーと雷エネルギーを1枚ずつつけられます。

『ふしぎなアメ』を使えば、アゴジムシ→クワガノンと進化することができます。

草ポケモンとの相性もばっちりです。

『ラランテスGX』


このポケモンは1進化ポケモンのため、割とすぐにエネ加速を行うことができます。

特性と違い、技の効果でエネ加速を行うので、ダメージも与えられます。

トラッシュにエネルギーを置いておく必要があるので、そこは注意。

『バトルコンプレッサー』『ハイパーボール』であらかじめ捨てておきましょう。

キーカード

『巨大植物の森』


ポケカの代名詞といってもいいほどの強力なカードです。通称「きょしょく」

ルール上、1ターン目やベンチに出したばかりのポケモンはそのターンに進化できません。

しかし、このカードがあればすぐに進化できるようになります。

強い進化ポケモンをすぐに使えますので、たたみ掛けることが可能です。

また、このカードは他のカードと組み合わせることによってさらなる強さを発揮します。

すぐに進化できる=カードの状態をリセットしても現状復帰が早い、ということです。

『アセロラ』『AZ』を使うことで、手札に戻してすぐさま元の状態に戻せるのです。

『アセロラ』であれば、ダメージカウンターが乗ったピンチなポケモンを手札に戻せます。

技を撃つのに必要なエネルギーが少ないことが前提になりますが、擬似全回復ができます。

『AZ』は特性の再利用をする場合に便利なカードです。

基本的に手札に戻したポケモンをもう一度出すと、特性を2回使うことができます。

『ジュナイパーGX』『アマージョ』の特性を複数回使えるのはかなり便利です。

『フシギバナ』


このカードは特性で基本草エネルギーを増やすことができます。

基本草エネルギーが1つついているだけで二つ分の働きをします。

この『フシギバナ』で言えば、基本草エネルギー二つで技を撃てます。

必要なエネルギーを半減させるのに使うこともできますし、エネルギーの数×○○ダメージという技だと大ダメージをたたき出せます。

2進化ポケモンですが、『巨大植物の森』と組み合わせれば、時間はかからないでしょう。

スポンサーリンク