三鳥入りヌオーフリーザーの話

デッキレシピ【ルカリオGX+マニューラ】


デッキコード:b5FwF5-xiWbRI-Vk1kdV

現環境に刺さっているであろう2種のマニューラがブラックマーケット♢の登場でさらに強化された。しかし、マニューラの技は相手依存なので安定して1エネ高火力を出せるアタッカーを探したところルカリオGXになった。

<ポケモン>

・ルカリオGX

常に安定した火力を出せる本デッキのメインアタッカー。グソクムシャGX等1エネ120打点を持つ他のポケモンとの差別化点はやはりディアンシー♢一枚で20ダメージ強化が可能な点だろう。

他にも、攻撃を耐えてクロスビートGXを使えば中打点デッキに強い高耐久な2進化GXを倒すこともできるという強みもある。

アセロラで使い回すことを考えても2枚は使いたいため3枚採用。
ちなみに、はどうげきはリオルから進化したターンでないとダメージが追加されないのでメタモン♢は不採用。

・マニューラ(2種)


特性持ちに強い、第2のメインアタッカー。ルカリオGXでは倒しづらいソルガレオGXやギラティナなどにはマニューラを積極的に使いたい。このデッキはメタモン♢不採用なのであくのおきては多少は撃ちやすいかもしれない。

・マッシブーンGX


ジェットパンチでHPが180〜200のポケモンをはどうげき圏内に入れるために採用。具体的には、特性を持たずあくのおきての効かないマッシブーンGXやズガドーンGX、進化したらHP200のGXになる可能性のあるイワンコやアローラロコンなど。

とはいえサイドレースを考えると1枚しか使えず、ジェットパンチが必要な相手も限られるため1枚のみ採用。

・マッシブーン


サイドが4枚の時のみ1エネでルカリオGXと同じく120ダメージを出せる。特に、マッシブーンGXがジェットパンチでダメカンをばらまいて倒された後の切り返しなどに使いたい。とはいえ使える状況が限られているため1枚のみ採用。

<サポート>

・シロナ、リーリエ
強力なドロサポ。カプ・テテフGXが入っていること、一応ククイ博士でドローも出来ること、序盤に多く切ってもともだちてちょうで戻せることを考慮してシロナとリーリエともに4枚ずつ、合計8枚とした。

・ククイ博士
ジェットパンチでダメカンばらまかなくともHPが180、190のGXポケモンを倒せるようになるため非常に強力。出来るだけ採用したかったが枠の関係上2枚にした。それ以上必要なときはともだちてちょうを使いたい。

・アセロラ
ルカリオGXが攻撃を耐えたときに手札にルカリオGXとエネを加えつつ今までのダメージをなかったことにする超強力カード。レインボーエネルギーをつけたマッシブーンGXを回収するといった動きも可能。ククイ博士以上に使う機会が多いためため3枚採用。

・グラジオ
ディアンシー♢の特性があるかないかでルカリオGXの強さがあまりに変化してしまうため採用。カプ・テテフGXがいるため1枚のみ。

<スタジアム>

・月輪の祭壇


アセロラで回収出来なかったルカリオGXをベンチと交代する、ジェットパンチを必要なだけ撃ってなお倒されていないマッシブーンGXを交代させるなどなにかと便利なので2枚採用。
ブラックマーケット♢を採用している悪タイプの非GX主体のデッキを相手にするときはこのカードの残り枚数を確認しつつ試合を進めたい。

基本的な立ち回り

相手にマニューラが刺さるならマニューラのみで戦いたい。マニューラが刺さらない相手にはルカリオGXを使うことになる。

ジェットパンチをせずに倒せるGXポケモンはゾロアークGX、ゼラオラGX、カプ・テテフGXくらいなので基本的にマニューラとルカリオGXの使い分けを考えずともワンパンを狙える。ジェットパンチが必要なHP180〜200が主体のデッキが相手の場合は、2ターン目からでもジェットパンチを撃ちに行くことを意識する。初手にマッシブーンGXがくることはほとんどないのでバトル場のポケモンにエネを貼り、マッシブーンGXを意識しつつもしっかりリオルも並べておきたい。特にククイ博士を使ったはどうげきでも火力が一応足りるという場合は1枚目のリオルを優先。とはいえマッシブーンGXがサイド落ちした場合も余裕があればグラジオで拾いにいきたいところ。

ジュカインGXはジェットパンチ+はどうげき、マニューラのどちらでもワンパンしづらいため詳しく書く。ジュカインGXは基本的に2ターン目にジュプトルが3〜4体並ぶため、そこでマニューラのあくのおきてで60ダメージずつ与えることを意識する。この辺りでライフフォレスト♢を出されたら、必ず直後に別のスタジアムに貼り替えるようにする。60ダメージを受けたジュプトルは進化してもジュカインGXの残りHPは170、こだわりハチマキとディアンシー♢で強化したはどうげき圏内に入れることが出来る。複数体をはどうげき圏内に入れることが出来ればジュカインGX側はジャングルヒールGXを撃たざるをえなくなるため、GXを消費させつつそれ以降の2パン合戦をこちらから始めることが出来る。2パン合戦時は、こだわりハチマキとラランテス2体で強化されたリーフサイクロンが200ダメージなのでつけるエネルギーはなるべくユニットエネルギーにしたい。こうすれば相手の満タンの薬とこちらのアセロラのどちらが先になくなるかの勝負にまでは持っていくことができる。お互いの回復、回収手段が尽きてもクロスビートGXでこちらは一度ワンパンを狙えるためある程度有利と言えるだろう。

非GXは、ロストマーチには不利だが、それ以外のルカリオGXでワンパン出来るポケモンはルカリオGXで、ギラティナにはマニューラで、アローラナッシーとは2パン合戦を続けられるため圧倒的な不利にはなりづらい。

総括

ルカリオGXは1エネで環境に多くいるゾロアークGXやゼラオラGXを一撃で倒すことができるという大きな強みがある。マニューラと組み合わせるとかなり多くのデッキに有利に立ち回れるため一度使ってみてほしい。

執筆者:オペヌツ

スポンサーリンク