三鳥入りヌオーフリーザーの話

デッキレシピ【ワンターンキルルギアGX】


このデッキ超爆インパクトの表紙にもなっているルキア GXを使ったデッキです。

ポケモンカードでワンターンキルをするのは今まで難しかったのですが、今回ルギアGXのGX技が相手のバトルポケモンをロストゾーンに送るという効果で、もしこの効果を後攻1ターン目で打ち、相手がベンチにポケモンを出していなかった場合ワンターンキルができるというデッキです。

無無無   ロストパージGX

相手のバトルポケモンと、ついているすべてのカードを、ロストゾーンに置く。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

ワンターンキルは『フェローチェGX』でもできますが、相手がタネGXだった場合不可能になってしまう弱点がありました。しかし、『ルギアGX』の場合は相手のHP関係なしにロストゾーン送りにできる為、その点はルギアの方がワンターンキルを決めやすいと思います。しかし、『ルギアGX』も相手に依存してしまうのでそこは『フェローチェGX』と同じく弱点です。

ポイント

ポケモン

それをするにあたって、まずルギアをベンチに出すのが大前提になってくるのですが、最初の手札でルギアを引ける確率は低いのでこのデッキでは逃げエネ0の『カプ・コケコ』や『ひかるミュウ』などを採用しています。採用理由は、もし『ルギアGX』を引けなかったとしてもこの2枚のどちらかを引いていればバトル場にだし、逃げエネが0なので自分のターンにルギアをベンチに出せればエネルギーを消費せずにルギアと交代できる為採用しました。

テテフが最初にバトル場に出てしまうと逃すためにエネルギーを使ってしまうので、『エスケープボード』を採用してエネルギーを使わずに逃がす事ができるので『エスケープボード』の採用もありです。

このカードをつけているポケモンは、にげるためのエネルギーが1個ぶん少なくなり、ねむりまたはマヒでも、にげられる。

トレーナーズ

ルギアGXのGXを使うには『ダブル無色エネルギー』と基本エネルギーをつけなければならない為、エネルギーを貼れるサポート『マツリカ』や、エネルギーをデッキからサーチできる『エネくじ』を採用しています。特にマツリカはワンターンキルに必須のカードですので、必ず引かなければなりません。そのマツリカをサーチする為に『カプ・テテフGX』を採用しました。

自分の山札にある妖エネルギーを1枚、自分のポケモンにつける。そして山札を切る。

『ハイパーボール』、『ミステリートレジャー』、『スーパーボール』は『カプ・テテフGX』にアクセスできる為採用してます。『ダブル無色エネルギー』を引けない場合は『エネくじ』でサーチしたいですが、『エネくじ』も引けない場合は『おとりよせパッドを』使えば『エネくじ』をサーチすることができるので『おとりよせパッド』も採用。『ダート自転車』はデッキの安定剤の役割をしています。『ダート自転車』でデッキを圧縮し、必要なカードを持ってこれる確率をあげます。

コインを1回投げオモテなら、自分の山札にあるグッズを1枚、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。

自分の山札を上から2枚見て、どちらか1枚を手札に加える。残りのカードはトラッシュする。

最後に『カスタムキャッチャー』ですが、このデッキは手札がすぐなくなってしまう事が多いのでドローの役割を持っています。

「カスタムキャッチャー」は、1枚または2枚同時に使え、使った枚数によって効果が変わる。

◆1枚使ったなら、自分の手札が3枚になるように、山札を引く。

◆2枚同時に使ったなら、相手のベンチポケモンを1匹選び、バトルポケモンと入れ替える。(この効果は、2枚で1回はたらく。)

各カードの採用理由は以上です。

回し方

勝ち方はまずルギアをバトル場かベンチに出しダブル無色を貼り、マツリカで基本エネルギーをつけ、GX技を打って相手がポケモンをベンチに出していなかったら勝ちです。

ポケモンカードは先行が有利と言われているので、ほぼほぼ後攻は取れると思います、問題は相手が先行からポケモンをベンチに並べてきた場合ワンターンキルができなくなってしまうのがこのデッキの弱点です。出されてしまった場合はルギアの技で押し切ってしまいましょう

執筆者:ゆう ポケカ始めました

スポンサーリンク