ドリームリーグの収録カード一覧と評価

デッキレシピ【ネクロズマGX+カラマネロ】


デッキコンセプト

ネクロズマGXのワザ「プリズムバースト」で高火力を出すために、カラマネロやネクロズマあかつきのつばさGXでサポートするデッキ。

採用カード説明

〜ポケモン〜

・ネクロズマGX


このデッキのメインエース。
特性「ひかりのおわり」は無色タイプのポケモンから技のダメージを受けないというもの。現環境に無色タイプのアタッカーがあまりいないため生きる機会は少ないが技のついでに持っている特性と思えば悪くはないだろう。

「プリズムバースト」は3エネで190と高水準、さらにエネルギーをつければそれ以上の打点も見込める強力な技。

また、「ブラックレイGX」は相手のGXポケモン全員にそれぞれ100ダメージと非常に強力だが、このデッキはネクロズマGXでのワンパンを狙うデッキなので使う機会はあまりないだろう。マーシャドーGXもいるので2枚採用とした。

・ネクロズマあかつきのつばさGX


ネクロズマGXにカラマネロの「サイコリチャージ」で超エネルギーをつけるためにベンチに下げる時に「インベイジョン」を使う、交代するために採用したポケモン。

「やみのせんこう」は抵抗力を計算しない120ダメージと悪くない性能。ほぼ全てのポケモン相手に2パンも狙え、弱点相手やHPの低い非GX相手ならワンパンを狙えるためサブアタッカーとしても優秀。

そしてこのポケモンのGX技である「イクリプスムーンGX」。不利な状況に限り、180ダメージという高火力を出しながら、次のターン技のダメージや効果を受けないという非常に強力な性能である。基本的にGX技はこのGX技を使うことになる。展開の遅れをこのGX技でどれだけ切り返せるかが高速デッキとの対戦では鍵になる。

・マーシャドーGX


ネクロズマGXは超エネルギー3枚トラッシュ+こだわりハチマキのプリズムバーストでは超に抵抗力のあるゾロアークGXを倒せない。また、超エネルギー4枚トラッシュのプリズムバーストでも超に抵抗力のあるソルガレオGXを倒せない。このように超に抵抗力のあるポケモンへの決定力に欠ける場面があるため採用した。特に、闘タイプが弱点のゾロアークGXは比較的倒しやすくなっただろう。また、イクリプスムーンGXをマーシャドーGXで撃てば、次のターンつけたエネルギーを利用して高火力のプリズムバーストを撃つことが出来るため、余裕があればこの動きを狙っていきたい。

・ルナアーラ♢


非GXのアタッカーとして採用。プリズムスターなだけあって非GXのたねポケモンでありながらHP160というなかなかの耐久を誇る。技「サイコストーム」はお互いの場のエネルギーの数×20という、相手によってはかなりの火力を狙うことが出来、非常に強力。技「フルムーンスター」も、カラマネロが足りなくなった時に1エネでエネ加速が出来るため、アタッカーとしてだけでなくサポートとしても使える。GXポケモンに見劣りしない性能を発揮出来るだろう。

・カラマネロ


ネクロズマGX、ネクロズマあかつきのつばさGX、マーシャドーGXに基本超エネルギーを供給するために採用。より早くわざを撃つためにマーイーカはどのポケモンより優先してならべる必要がある。そのためマーイーカは4枚採用、カラマネロは2枚は必要なので3枚採用。

〜グッズ〜

・ミステリートレジャー、ハイパーボール
このデッキのポケモンはマーシャドーGX以外、ミステリートレジャーに対応している。マーシャドーGXは序盤だとネクロズマGXやネクロズマあかつきのつばさGXを意図的にトラッシュに送らなければいけないためサーチの優先度はやはり別のポケモンの方が高い、従ってハイパーボールより優先して4枚採用とした。しかし、ポケモンのサーチ手段も増やしたい、特にマーシャドーGXのサーチ手段も確保したいためハイパーボールも3枚採用した。

・ダートじてんしゃ
展開速度を速めるだけでなく、カラマネロの特性「サイコリチャージ」を使うために必要な条件である、トラッシュに超エネルギーがある、という状況を作りやすく出来るため4枚採用。

・こだわりハチマキ
ネクロズマGXの出せるダメージは超エネルギー3枚をトラッシュした時は190ダメージ、4枚トラッシュした時は250ダメージと一見こだわりハチマキの活躍が見込みづらいように見えるが、超に抵抗力のあるソルガレオGXを一撃で倒す、エーテルパラダイス保護区のある状態のゼラオラGXやルガルガンGX、アローラキュウコンGXをエネルギー3枚で倒すなど、あると便利な場面が多く、イクリプスムーンGXで倒せるGXポケモンの範囲を広げるという役割もあるため3枚採用した。

〜サポート〜

・マツバ


基本的に使うGX技は「イクリプスムーンGX」になるが、このGX技を撃った直後にグズマを撃たれてしまっては意味をなさず、サイドレースにおいて有利に立つのが厳しくなる。よって、「イクリプスムーンGX」を撃つ前に使い、相手の手札からグズマ、カプ・テテフGX、カプ・テテフGXを持ってくることのできるボールなどを山札に戻してサイドレースの逆転を無理やり狙うために1枚採用。

〜スタジアム〜

・月輪の祭壇
「インベイジョン」+逃げるコンボを行う際に、このスタジアムがあるとでエネルギーをトラッシュせずに暁ネクロズマを逃がすことが可能となるので採用。毎ターン技を撃つために毎ターンこの動きをするのが理想的なため4枚採用した。

動かし方

マーイーカを並べることを優先する。2ターン目にカラマネロを少なくとも1体、出来れば2体たてたい。少なくとも3ターン目からは相手のポケモンをワンパンする。ネクロズマGXは耐久力が高いとは言えないHPのため、非GXにもワンパンされるかもしれないが、こちらもワンパンを仕掛け続ければ勝てる可能性はある。

サイドレースで負けている、前のターンに超ポケモンを倒されたターンにマツバを撃ちながら「イクリプスムーンGX」を使う。

ウルトラネクロズマGXとの違い

〜メリット〜

・190ダメージが簡単に出せる
・超弱点のポケモンを倒しやすい
・ジュカインに弱くない
・フェアリータイプに倒されにくい
・技を撃った後エネルギーが残らないのでカプ・テテフGXやサーナイトGXに倒されにくい
・マツバ+「イクリプスムーンGX」のコンボを使いやすい
・エネルギーが超エネルギーのみなので安定する
・フェアリーチャームUB一枚のみで対策される可能性がある

〜デメリット〜

・HPが10低い
・めつぼうのひかりGXを使えない
・倒されなかった場合でもエネルギーが残らない
・超タイプに倒されやすい
・超に抵抗力を持つポケモンを倒しづらい
・フェアリーチャーム超一枚のみで対策される可能性がある
・ビーストリング、ビーストエネルギー♢を使えない。

一長一短です。日本ではウルトラネクロズマGXの方が多いですが海外だとネクロズマGXの方が多いのでどちらが強いとは一概に言えないでしょう。

まとめ

今回も出来るだけシンプルなレシピにしたので、初めてネクロズマGXデッキを使う人にも使いやすいと思います。

ウルトラネクロズマGXよりも安上がりなので一度カラマネロを使ったデッキを使いたい人はこちらから使ってみてもいいと思います。

執筆者:からあげ

スポンサーリンク