ドリームリーグの収録カード一覧と評価

環境デッキに一手間加えて対メタデッキ性能を!!【よるのこうしん+ルガルガンGX】


改造ハンマー許すまじ!

そんなのに負けないNight March

コルニがいるからシナジーもばっちり!

ポケモン グッズ サポート
バチュル 4 ハイパーボール 4 プラターヌ博士 3
バケッチャ 4 バトルサーチャー 4 コルニ 2
ランプラー 4 バトルコンプレッサー 4 N 1
イワンコ 2 時のパズル 4 センパイとコウハイ 1
ルガルガンGX 2 かるいし 2 アセロラ 1
シェイミEX 2 ピーピーマックス 2    
マーシャドーGX 1        
カプ・テテフGX 1 スタジアム エネルギー
    次元の谷 2 ダブル無色エネルギー 4
        基本闘エネルギー 6

ポイント

よるのこうしん

このデッキは【よるのこうしん】というデッキをベースに作っています。かなり強く、大会でも何度も結果を残しているデッキなのでご存じの方も多いかも知れません。一応、このページでも説明はしますが、基本的なことはこちらの記事に書いていますので、良ければご覧ください。

【よるのこうしん】
【よるのこうしん】デッキの解説です。HPが低く、一見活躍の場が無さそうな進化前ポケモンが高威力のワザを連打します。

ワザ「よるのこうしん」をもったポケモンをトラッシュに多く置いて、大ダメージを狙う構築になります。このワザを持ったポケモンは、非GXポケモンで倒されてもサイドを1枚取られるだけで済みます。その代わり、かなり体力が低く設定されていますので、すぐに倒されてしまいます。何度倒されても『時のパズル』で手札に戻して攻撃する、そんな流れを目指します。

ルガルガンGX

ただでさえ強い【よるのこうしん】
なぜ『ルガルガンGX』を入れるのか。

理由は主に3つ。

1つは、相手の『シェイミEX』や『カプ・テテフGX』を狙い撃ちして、短期決戦に持ち込むこと。特性「ブラッディアイ」を使うと、相手のベンチポケモンを引っ張り出すことができます。

どうしても【よるのこうしん】デッキは『ダブル無色エネルギー』に頼る構築になることが多いです。そのため、勝負が長引けば長引くほど、じり貧になります。『ゾロアークGX』が台頭すると同時に、『ダブル無色エネルギー』を採用したデッキが多くなります。そして、そうなるとそれを対策するための『改造ハンマー』が増えてきます。つまり、余計にじり貧になることが多くなったわけです。なので、できるだけ早く勝負を決めたいんです。『ルガルガンGX』を採用することで、相手をピンポイントで倒せますので、時間短縮を狙えます。

2つ目の理由は、基本エネルギーの比率を上げたかったため。前述の通り、『ダブル無色エネルギー』に頼るデッキでは、勝ち続けることが難しくなっています。そのため、ある程度基本エネルギーだけでも戦えるデッキを目指しました。『ルガルガンGX』は闘無エネで打てる「デスローグGX」があります。GXワザとしてはかなり有用な部類に入るので、使いやすいかと思います。またそれ以上に基本エネ2枚で打てることも大きい。

あと単に『ゾロアークGX』に対して強いから。『マーシャドーGX』も入れているので、かなり有利に動けます。

コルニ

闘タイプではお馴染みのカードです。【よるのこうしん】は何も他のポケモンを混ぜるまでもなく完成されたデッキでしたので、この『ルガルガンGX』は言ってしまえば余計なカードです。そのため、何もケアしなければ元々のデッキよりもデッキ回りが悪くなります。しかし、『コルニ』を採用することで、『バトルコンプレッサー』へのアクセス手段を増やし、序盤から安定して「よるのこうしん」の威力を上げることができます。

ピーピーマックス

『ルガルガンGX』は1進化ポケモンですが、進化のタイミングをある程度選ぶこと。そして「よるのこうしん」を使うポケモンは全てたねポケモンですので採用しています。基本エネルギーの枚数は比較的少ないのですが、『バトルコンプレッサー』を使ってある程度デッキを圧縮するので、そこまで問題にはならないと思います。

スポンサーリンク




回し方

1ターン目
・『バトルコンプレッサー』で「よるのこうしん」を持つポケモンをトラッシュへ置く。
・ベンチに『イワンコ』を並べる。

『シェイミEX』を使って、手札にグッズを呼び込むことが成功の鍵です。何としても、『バトルコンプレッサー』を1ターン目から使えるようにしましょう。『コルニ』を使うことでも『バトルコンプレッサー』を持ってくることができるので、『カプ・テテフGX』が手札にいる時は優先的に『コルニ』を使いましょう。

また、好きなタイミングで『ルガルガンGX』に進化させられるようにベンチに『イワンコ』を並べておきましょう。

2ターン目
・『ダブル無色エネルギー』をつけて、攻撃する。

『改造ハンマー』で割られないためにも、『ダブル無色エネルギー』はできるだけ攻撃するターンにポケモンにつけましょう。相手ベンチに『シェイミEX』のようなHPの低いポケモンがいるのであれば、『ルガルガンGX』に進化させてバトル場に引っ張り出します。

3ターン目以降
・『時のパズル』でトラッシュからアタッカーと『ダブル無色エネルギー』を回収する。
・『アセロラ』で『ルガルガンGX』を再利用することも視野に入れて、『ルガルガンGX』でも攻撃できる環境を整えておく。

手札に『時のパズル』があれば、『コルニ』(『バトルサーチャー』)を使って、デッキからもう1枚『時のパズル』を持ってきます。このように『コルニ』はかなり使い道が多岐にわたるので、あらかじめ『バトルコンプレッサー』でトラッシュに置いておいてもいいかもしれません。

ベンチにあらかじめ2匹目の『イワンコ』を並べておくことで、『ルガルガンGX』を『アセロラ』で回収した後にすぐに「ブラッディアイ」を使うことができます。『シェイミEX』や『カプ・テテフGX』を並べすぎるとベンチを圧迫することになりますが、デッキコンセプト上とても重要な流れでもあるので、覚えておいて損はないでしょう。

さいごに

強いデッキは必ず対策されます。『よるのこうしん』や『ゾロアークGX』が強すぎるが故、多くのデッキに『ウソッキー』や『カリン』、『改造ハンマー』が採用されています。なので、強いデッキだからといって、ずっとそのまま強いわけではないんです。そこをさらに強くしようとしたものがこのデッキです。

強いデッキに勝てるようなデッキを作ることも楽しいですが、強いデッキに勝てるようなデッキに勝てるような強いデッキを作ることも楽しいです。環境デッキを使うことに少し抵抗のある方はこんな風に考えてみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク