三鳥入りヌオーフリーザーの話

スタンダードレギュレーション改定について


2018年9月1日以降、公式大会等で使用されるレギュレーションが変わります。いわゆる、スタン落ちです。

スタン落ちとは

スタン落ちとは、スタンダード落ち、つまり、スタンダードレギュレーションから外れるということを意味しています。公式大会等では、その時そのときで使えるカードというのが決まっています。めっちゃ昔のカードとか使えないんですね。その使えるカードを一定期間ごとにずらしていこうとしているのが、このスタン落ちの採用です。

例えば、遊戯王カードでは、このスタン落ちというのはなくて、10年前に出たカードも現役で使えています。新しいカードが出るたびに、昔のカードとこうやって組み合わせたら強いんじゃないかとか、子供の頃使っていたカードを大学生、社会人になってから懐かしみながら使えるとか、メリットはたくさんあります。

その点、昔のカードなので、もうパックとして売っていないため、入手方法が限られてきて、作りたいデッキが作れないとかいう状態に陥ることもしばしば。また、新しくカードゲームを始めようにも、昔のカード多すぎて覚えられない!やっぱやめる!みたいに新規参入の障壁になることもデメリットとしてあげられます。

ポケモンカードは、そういったデメリットを踏まえて、スタン落ちを採用することにしているんです。

使えるカード

例外を除いて、SMシリーズのカードのみ、使えるようになります。言い方を変えるなら、今まで使えていたXYシリーズのカードは使えなくなります。

見分け方は、カードの左下に[SM1S]みたいなマークがあるかどうかです。これをエキスパンションマークといって、どのパックに収録されているかを示すものになります。PROMOと書かれているのは、パックではなく、イベントで配布されたりするカードです。

パック

拡張パック「コレクション サン」(SM1S)

拡張パック「コレクション ムーン」(SM1M)

強化拡張パック「サン&ムーン」(SM1+)

拡張パック「キミを待つ島々」(SM2K)

拡張パック「アローラの月光」(SM2L)

強化拡張パック「新たなる試練の向こう」(SM2+)

拡張パック「闘う虹を見たか」(SM3H)

拡張パック「光を喰らう闇」(SM3N)

強化拡張パック「ひかる伝説」(SM3+)

拡張パック「覚醒の勇者」(SM4S)

拡張パック「超次元の暴獣」(SM4A)

ハイクラスパック「GXバトルブースト」(SM4+)

拡張パック「ウルトラサン」(SM5S)

拡張パック「ウルトラムーン」(SM5M)

強化拡張パック「ウルトラフォース」(SM5+)

拡張パック「禁断の光」(SM6)

強化拡張パック「ドラゴンストーム」(SM6a)

強化拡張パック「チャンピオンロード」(SM6b)

拡張パック「裂空のカリスマ」(SM7)

強化拡張パック「迅雷スパーク」(SM7a)

強化拡張パック「フェアリーライズ」(SM7b)

拡張パック「超爆インパクト」(SM8)

強化拡張パック「ダークオーダー」(SM8a)

デッキ

「GXスタートデッキ」(SMH)

「伝説 ソルガレオGX ルナアーラGX」(SME)

「サトシVSロケット団」(SMD)

「カプ・ブルルGX」(SMC)

「ジュナイパーGX」(SMA)

「ガオガエンGX」(SMA)

「アシレーヌGX」(SMA)

「イワンコ全力デッキ」(SMP1)

その他

「デッキビルドBOX」(SMG)

「プレミアムトレーナーボックス USM」(SMF)

「ピカチュウと新しい仲間たち」(SM0)

「プレミアムトレーナーボックス SM」(SMB)

XYシリーズは、これとは異なるマークが右下にあるので、そこで見分けましょう。もしくは、カードの縁の色がSMシリーズとXYシリーズで異なるので、そこで判断してもいいかもしれません。

冒頭で「例外を除いて」と言いました。その例外というのは、SMシリーズでも、XYシリーズでも、もっと前のシリーズでもずっと発売されているカードというのがあるのですが、それらに関しては前のシリーズのものでも使えますよーということです。例えば、『ハイパーボール』は大昔からあるカードですので、最近出た絵柄のものだけでじゃなくて、古いハイパーボールも使っていいんです。『ふしぎなアメ』とかも歴史が長いので、いろんなイラストでカード化されています。複数枚デッキに入れるときは、いろんな絵柄を採用してみると、楽しいかもしれません。

他のレギュレーションについて

レギュレーションには、スタンダード・エクストラ・殿堂の3種類があります。XYシリーズが使えなくなるといっても、スタンダードレギュレーションで使えなくなるだけなので、エクストラや殿堂レギュでは問題なく使えます。

公式大会やイベントでは、ほとんどがスタンダードレギュレーションに設定するでしょうが、エクストラや殿堂のイベントがないわけではないので、XYのカードが使いたい!って人はそれ用のデッキを作っておいてもいいかもしれません。BWやDPシリーズにも面白いカードは山ほどあるので、新しくそっちの情報を仕入れる必要はありますが・・・

スポンサーリンク