三鳥入りヌオーフリーザーの話

デッキレシピ【ピカチュウ&ゼクロムGX(ピカゼクGX)+サンダー】


満を持して登場したタッグチームGX。闘弱点ぐらいしか弱いところが見つからないので、本当に雷タイプで出してよかったのかという感想しか出てこない。

強いて挙げるなら、非GXデッキに対してはベンチ攻撃もそんなに有利にならないので、展開自体は気をつける必要がありそう。アタッカーがタッグチームだけで構成されていると、再度レースに負けてしまう。

ということで、小回りのきくサンダーを採用。ただ、状況に応じて使う程度なので、ジラーチサンダーほどバトル場には出さないイメージ。

ピカゼクGXは壊れ

たねポケモンでこれだけ火力が出るので、エネルギーさえ十分に供給できたら止められないのは猿でも分かる。3エネ+3エネをどうやって序盤〜中盤に揃えるのか

サンダーマウンテン◇

現時点でプリズムスタースタジアムの確定サーチがルチア程度で、メタモン◇やカプ・コケコ◇と一緒にサーチしたいこともなくはないが、あまり優先度は高くない。

後述するが、ジバコイルを立てるために必要なふしぎなアメを持ってくる手段として、マサキの解析を入れておけばついでに持ってこれるかもしれない。

ただ、先攻を取れば、2ターン目からエネ加速なしで150ダメージを出せる可能性もある。手札にエネさえあれば、1ターン早くエネ加速をすることにも繋がるので、入れておくことに越したことはない。

ジバコイル


1ターンに何度でも特性を使えるため、1匹でも立ってしまえば、手札にあるエネルギーを全てポケモンにつけることができる。

ベンチにコイルを2匹並べておくと、どちらか一方を倒された時でも展開が遅れないためおすすめ。

デンジ


ドローソースのようなものだと割り切ってしまえばいいかもしれない。2枚しか引けないが、グッズとエネルギーという、このデッキにとって一番必要な2枚を持ってこれる。

グッズはネストボールかハイパーボールでジバコイルラインを引っ張りたいところ。

ゼラオラGX


トラッシュからのエネ加速を行う性質上、序盤に使うのであればなるべくエネを落としておきたい。ただ、レックに採用されるツボツボを入れてまで、トラッシュに送りたいかと言われると微妙。そもそも、レックはネットボールを入れる理由があり、それと合わせてツボツボを入れていたところがある。

それ以外でエネをトラッシュに送るとすれば、手札をトラッシュできるタイプのドローソース。かんこうきゃくとノボリとクダリが筆頭。ジバコイルを入れるなら、パーツが多くなるためかんこうきゃく。ゼラオラGXを複数投入し、エネ加速を行うならノボリとクダリ。ただ、タッグボルトGXとの選択になるため、デッキタイプに合わせる必要がある。

いずれにせよ、ゼラオラGXはエネ加速としてではなく、じんらいゾーンとしては必ず使うので1〜2枚は必須

プレイング

ピカチュウ&ゼクロムGX
相手がGXポケモンを主力とし、ベンチにカプ・テテフGXやゼラオラGXなど、置物GXを放置しがちなものなら、こちら。

マッシブーンGXでさえ、ジェットパンチ+こだわりハチマキ+ディアンシー◇+ビーストエネルギー◇で110、弱点で220しか出ない雑魚なので、手札にパーツがそれなりに揃っていれば押し切れる。

上技の、、、なら150+30までしか火力が上がらないため、状況に応じてエレキパワーも使っていきたい。正直、180ではマッシブーンGXすら倒せないが、210まで上げるとゾロアークGXが圏内に入る。

サンダー+カプ・コケコGX
非GXが主体であれば、こちらも小回りの効くポケモンで相手をした方が良い。基本的に序盤はサンダー、2、3ターン目以降は130ラインを出せるカプ・コケコGXと使い分ける必要がある。

こだわりハチマキが意味をなさず、アサルトサンダーにエレキパワーを使っても110どまりのため、デンジでグッズをサーチするのであれば、ネストボールでゼラオラGXを呼び、入れ替えやすくした方が良い。グズマやポケモンいれかえでも同じ動きができるため、そちらでも大丈夫。

スポンサーリンク