三鳥入りヌオーフリーザーの話

デッキレシピ【ロストマーチ(ブルーの探索)】


わざわざブルーの探索と書いたのは、最近のカードで作ったロスマですアピールをしたかったから。発表当初はよるのこうしんの再来と騒がれつつも大して強くなかったロストマーチですが、徐々に時代に取り残されない程度には強くなっています。

強化その1:エモンガ

特性

ほっぺのつどい
自分の番に1回使える。自分の山札にあるワザ「ほっぺすりすり」を持つポケモンを1枚、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。

HP60、逃げエネ0を守りつつ、毎ターン新しいエモンガを手札に加えることができます。

HPが60なので、ウツギ博士のレクチャーで手札に加えことができ、その後の展開の要になります。序盤であれば、ベンチに出し、新しいエモンガを手札に加えて、ポケモン通信のコストにする。中盤以降であれば、ウツギで複数手札に加えて、ロストミキサーでロストゾーンへ送る。

採用理由を挙げたらきりがないほどですが、問題は特性持ちのため、ブルーの探索との相性が悪いということ。基本的に序盤はブルーの探索で展開していきたいので、エモンガスタートになることはできるだけ避けたいです。

強化その2:ポケモン通信

山札からしか進化できないという致命的な弱点を持ったワタッコ。それをピンポイントにグッズで山札に戻せる素晴らしいカード。ありえん強い。4枚入れるしかない。手札を全部戻しちゃうシロナとか、そもそも1ターンに1回しか使えないサポートを使うのが本当に億劫だったので、これはグッズで出たことに本当に意味がある。

それだけで強いのに、エモンガがいるのでさらに強い。エモンガは毎ターン、ノーコストで手札にエモンガを呼べます。エモンガに限らず、ほっぺ族なら呼べます。優秀なほっぺ来て欲しい。話を戻して。その新たに呼んだ手札のエモンガを好きなポケモンと入れ替えられるわけです。なので、実質ほっぺのつどいはポケモンのつどいになります。なんでも呼べる。

強化その3:ブルーの探索

個人的に禁止カードにされても仕方ないと思う最強サポート。特性持ちがいなければ、好きなトレーナーズを2枚も持ってこれます。トレーナーズを持ってこれるんです。グッズだけじゃない、サポートも!

ロストマーチは基本的にウツギ博士のレクチャーを使って展開していくわけですが、どれだけ頑張っても最初のターンにウツギが使えないということが多々あります。そんな時でも、ブルーの探索があれば、2枚のうち1枚をウツギにすることで、次のターンは絶対ウツギを使えるようになります。

他にも、例えばネットボールを2枚手札に加えて、擬似ウツギ博士のレクチャーとして使うことができます。あとあと、草エネルギーに対するアクセス手段が減るので、そこまでオススメできる展開方法ではありませんが、最悪の手段として使うこともあります。

また、ネットボールとポケモン通信を手札に加え、そのネットボールでハネッコをサーチ。そのハネッコをコストにポケモン通信を使えば、これまたあとあとジリ貧になる可能性もありますが、万能ポケモンサーチとなります。

そして実質のエネサーチとしても使えます。場にエモンガがいない限り、ネットボールをいつでもサーチできるので、いつでも基本草エネルギーを持ってこれることになります。基本的に一撃で倒されるロストマーチにとって、毎ターンエネルギーをしっかり貼るのは非常に重要です。

スポンサーリンク