三鳥入りヌオーフリーザーの話

デッキレシピ【ガブリアス&ギラティナGX+カラマネロ】


ドラゴンタイプのたねポケモンとしてまたまた主力級のポケモンがきてしまいました。とりあえず王道中の王道、ウルトラネクロズマGX同様、カラマネロでエネ加速をしていくパターンを考えていきたいと思います。ラティラティの立場がなさすぎるので、それはそれで救済してほしさある・・・

デッキコード:xKc44x-UJNS03-cGKx8D

無 ちょくげきだん
相手ポケモン1匹に、40ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]

ロストマーチが好きなので、ネイティがワンパンされるのはなかなか辛いところ。また生きづらくなってしまった。という前置きは置いといて、エネ指定のない1エネで好きなところに40点を飛ばせるのはなかなか偉い。タッグチームの弱点として、デッキに3〜4枚投入して、最初のターンにバトル場に立ってしまうと、動きづらいというのがありました。それこそ、フェローチェ&マッシブーンGXはそこを克服して小回りのきく主力として強かったわけですが、それと一緒。バトル場のGXであれば、ハチマキで70まで出せるのは強い。相手がベンチに並べている進化前ポケモンに対しても圧力をかけにいくことができる。80まで見れるのが本当に強い。ジラーチを倒せる。ありえん強い。

超闘無 カラミティエッジ 160+
相手のバトルポケモンにダメカンがのっているなら、80ダメージを追加。

ちょくげきだんといい、特性:やぶれたとびらのギラティナといい、自然オブ自然に組み込める要素がありすぎるので実質3エネ240。3エネ190でさえ強い強いと騒がれたのに、3エネ240はもはやポケカにて最強。240だけど、最低でも10はのってるので、合計250。サーナイトGX倒せる。はい強い。サーナイト&ニンフィアGXはHP260なので倒せない。どれだけメタ環境になるかは分からないけど、このカードをメインに据えるなら、ある程度の対策は必要。

超超闘+ ジージーエンドGX
相手のポケモン1匹と、ついているすべてのカードを、トラッシュする。追加で闘エネルギーが3個ついているなら、トラッシュするポケモンの数は2匹になる。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

カラマネロをサポートにしているので、基本的に追加効果を狙えるほどのエネルギーは用意できない。しかし、それでいても3エネで打てるGXワザとしてバトルでは積極的に狙っていきたい。ただ、3エネついている場合は基本的に160は出せるので、ジージーエンドGXを使うのはそれで倒せない場合に限られてくる。例えば、序盤に展開が少し遅れ、次のターンにこちら側がやられてしまうようなタッグチーム対決の場合。他には、カキを使われ、ポケモン1匹にかなりのエネルギーがついている場合。メガニウムなどのキーポケモンが相手のベンチに展開している場合などがあげられる。

ただ、トラッシュするだけできぜつさせるわけではないので、サイドは取れない上に、ほのお、超、かみなりタイプのような、トラッシュからのリカバリーが容易な場合に関してはそれほど効果的ではないことを念頭に置いて使用したい。

全体的に、ウルネクと同じになるけど、トラッシュ&デッキ圧縮と相性が良いというがこのカードの強みです。エネをトラッシュして、カラマネロのサイコリチャージでエネ加速ができるし、ギラティナをトラッシュして、やぶれたとびらで相手ポケモンにダメカンをのせることができる。ダートじてんしゃを自然に採用できる上に、トラッシュ系のドロソとも相性がいい。ミステリートレジャーやトキワのもりなど、上げたらキリがない。いや、良いことづくしか?知ってたけど。

ウルネク⇨ガブリアス&ギラティナGX
鋼エネルギー⇨闘エネルギー

とりあえず何も考えずにこれで動かして様子みたいです。

スポンサーリンク