ドリームリーグの収録カード一覧と評価

デッキレシピ【ペルシアンGX+ゾロアークGX (ねこびより)】


最近ストレージデビューを果たしたペルシアンGXをよく見かけます。いやいや、強いからこいつ。強いことしか書いてないから。ということで、ペルシアンGXを使うことを前提にしたデッキを考えていきたいと思います。ペルシアンGXの強みはなにか、まずそれから。

【デッキコード】N69QLP-w4gNfZ-gNn6nL

キャットウォークが強い

キャットウォーク
前の相手の番に、自分の「ポケモンGX・EX」がきぜつしていたなら、自分の番に1回使える。自分の山札にある好きなカードを2枚まで、手札に加える。そして山札を切る。この番、すでに別の「キャットウォーク」を使っていたなら、この特性は使えない。

日本語の読める人が読んだらわかるけど、強いことしか書いてない。スタン落ちはほとんどのデッキに採用されていた伝説のカード、センパイとコウハイと一緒のことができる。好きなカードを2枚持ってこれる時点でカードゲーマーならわかる、最強の効果。ポケカにおいては、例えば他にサーチ手段の乏しい特殊エネルギーのサーチだと思えば強さがわかりやすい。しかも2枚サーチなので、エネルギー+ポケモンを持ってこれば次のターンにすぐ反撃に移れる。どれだけ手札が事故っていても、キーカードを持ってくるなり、ドロソを持ってくるなりでそのまま畳み込まれることがないので、早めにベンチに立てておきたい。

あとセンパイコウハイにはできない使い方として、マチスの作戦を持ってくるというのがある。サポート権を使わずにマチスを持ってこれると、マチス+何か+グズマという理想的な反撃方法が取れる。ドロソでもククイでもアセロラでも。とりあえず有用なサポートをピン刺ししておけば選択肢が増える。ピンポイントサーチができるデッキならでは。

ねこびよりが使える

進化元が同じなので非GXのペルシアンをそれなりに自然にデッキに組み込むことができます。ねこびよりといっても、ニャスパーを使いたいだけだけど。このニャスパーがそれなりに強い。

言い換えれば、ベンチポケモンにのってるダメカンを3倍に増やすことができる。3倍よ、3倍。強すぎな。とりあえず90ダメのせておけばほとんどワンパン圏内と思うと、そんなに準備いりません。ハチマキ込みだと60点。60ダメなんて1エネか2エネで誰でも出せます。ほら強い

しかもそれを0エネで打てる。意味がわからん。エネを二つ三つ持ってくるのと、ペルシアンを持ってくるのなら、圧倒的に後者の方が簡単です。狙い撃ちされてもサイド1枚なので大したことはない。

無色エネが使える

残念ながら、2エネでは攻撃できないけど、トリプル加速エネルギーが対応しています。トラッシュにポケモンを送るのに手間がかかると思われがちですが、ねこびよりでトドメをさすことを考えればそんなに送る必要はありません。最大ダメの190を出したところで、倒せるのはマッシブーンGXのような、先の時代に覇者程度で、今のタッグチームは倒せません。じゃあ2回殴って倒せばいい。攻撃回数が2回になれば、130とか140を出せたらそれでいい。そう考えると、結構簡単に狙っていけます。

ということでゾロアークGXがその相棒として白羽の矢が立ったわけです。

GXポケモンであること、イヤーキネシスに必要な最低限のダメージを出せること、ダブル無色・トリプル加速が対応していること、 全部満たせるね!

トリプル加速エネルギーが5つ目以降のダブル無色エネルギーとしてカウントできるので、攻撃する分には今までより安定するようになります。SMレギュでは山札からの万能サーチが乏しかったのですが、トリプル加速エネルギー、キャットウォークのおかげでこれからゾロアークGX復権の時代がくる、かもしれない。

スポンサーリンク