ドリームリーグの収録カード一覧と評価

CL京都のとーしんさんの【フーパブラッキー】について


イトウシンタロウさんの握っている【フーパ&ブラッキー】。もうなんかその発想がいいなぁってずっと思ってるので、思ってることをつらつら書きます。デッキレシピ解説とかじゃなくて、ただひたらす強そうなところを言う場所です。「なんだただのスイクンテラキオンじゃん」とか古参ぶるやつはお呼びでないです。

追記(4月18日)

「フーパブラッキー」で検索したら、イトウシンタロウさん本人のデッキレシピ解説(980円)が出てきて、その次にこのページが出てくるわけなんですけど、多分みんなお金払いたくないからnoteに飛んで戻るボタン押してここにきてますよね。ごめんなさい、なんか自分のメモみたいな文章しか見せられなくて。ということで、ちょっとぐらい真面目に追記します。お金ある人は本人のレシピ解説買った方がいいですよ!(宣伝)(買ってない)

デッキレシピ

一応、それっぽいデッキレシピを載せてみるので、あまりポケカ慣れしてない人はここから始めてみてもいいかもしれません。ただ、私はイトウシンタロウさん本人の記事を買ったわけでもなく、誰か買った人に見せてもらった訳ではないので、買った人からしたらわかると思うのですが、本物は多分結構な部分で違うと思います。ので、あくまで参考程度にとどめてください。

私は配信宅で行われていた対ピカゼクの試合しか見てないので、こんなカードが入る余地はない!とかあったら教えてください。抜きます。抜けてるカードあったら教えてください。いれます。

ポイント1:対タッグ環境

タッグチームが多くいる今の環境でとりあえずこいつを立てておけば相手の動きを制限できる。でもそんなことは猿でもわかってる。別にこいつが強い訳ではなくて、単に環境に合っているなぁというだけ。ジラーチサンダーが一定数いる中、それでもこれをメインに握るのが、もう大型大会の予選慣れしてるんだろうなぁっていう勝手な尊敬。リスペクト。ジガルデに当たったらどうするんだろう、とか愚問であって、予選を戦い抜くうちにジガルデに当たる回数とGX主体のデッキに当たる回数どっちが多いんだという話。勝てば勝つほど、大多数(多分今回はタッグチーム)に勝てないデッキは自然と数が少なくなっていくので、ジガルデに当たることも3回戦以降なくなるのではって思う。

ポイント2:対非GXに対するアタッカー

エナジーしんかがあるので、進化に要するラグがないところが本当に素晴らしい。しかもエネルギーが1つ。色々あるけど、すぐに攻撃できるっていうのがえらい。で、ダメージが120。原野込みで130。もうこれで全員倒せる。120あるだけでサンダーからアローラベトベトンまで見れるので、十分オブ十分。かたきうち2回で240って思えば、後ろに無限にブラッキーを展開できる。

3、回し方

フーパスタートだろうが、イーブイスタートだろうが、このデッキはとりあえずベンチを埋めていっても大丈夫です。ハイパーボール、ネストボールでベンチポケモンを並べていきましょう。

エネルギーをつける順番としては、フーパ⇨イーブイの順番。イーブイのままベンチに放置しておいても、バトルポケモンがやられた次のターンに進化してしまえば、かたきうちが使える。とりあえずフーパで殴れるようにしておくことが最優先。

このデッキで必要なパーツはダブル無色エネルギーなので、ベンチにある程度ポケモンを並べ、毎ターンエネルギーをつけることさえできていれば、あとはデッキをどんどん圧縮していきたい。

相手のデッキがGX主体であれば、グズマで数少ない非GXを引きづり出して倒すだけで簡単に詰すことができる。なので、このデッキをアレンジして下手にカプ・テテフGXなんて入れようものなら、コンセプトが崩壊してしまうので、そこは注意。

スポンサーリンク