ドリームリーグの収録カード一覧と評価

名探偵ピカチュウの収録カードリスト一覧と評価


ムービースペシャルパック「名探偵ピカチュウ」の収録されるカードをしっかりポケカやってる人目線で解説していきます。「リアルなポケモンのカードなんてあるんだ〜笑」「記念に買っとこうよ笑」「うわ、なにこれ笑」みたいな初心者の感想ではなく、しっかりとした考察をします。頑張ります。みててください。

フシギダネ

フシギダネ界隈の中では最高レベルのフシギダネ。なんとウツギ博士のレクチャーに対応している。HP60のフシギダネはこのともだちをさがすフシギダネ一匹しかいないため(嘘みたいな本当の話)、みつりんのぬしフシギバナを使うデッキには大体入る。地味に逃げエネが1なので、エスケープボードやUターンボードに対応しているのも偉い。ムービーパック「名探偵ピカチュウ」を購入するポケカ勢の半分はこのフシギダネ目当てで買う。

フシギダネ

木のかげからひょこりはんフシギダネ。ネタが古すぎて理解できる人の半分はもう死んだ。つるのムチが2エネで打てるならまだ1mmくらいの使い道はあった。ポケカ勢的には存在意義が分からない。難解すぎる。なぜ2種類作ったのか。なぜ2種類作ったのか。

ルンパッパ

ルンパッパはたねポケモンなのかと錯覚させるほどの強大な力を持つカード。フローラルヒールのシェイミがいることを忘れているのか、素晴らしい調整の結果なのかは分からないが、こいつも存在意義が分からない。ちなみに水タイプのルンパッパもいるが、そいつはそいつで悲しい特性を持ってる。なんと毎ターン1枚カードを引けるぞ!

ネマシュ

HP60でなおかつ、相手ポケモンをねむりにできるネマシュがいる。こいつはHP50で相手ポケモンをねむりにできる。海外みたいにSMシリーズのAマークがスタン落ちしたら出番が来るので、それまでストレージで寝といてほしい。

ヒトカゲ

HP60以下で、という条件をつけるなら、それなりに強いヒトカゲ。無色で20点ということは、格闘道場とこだわりハチマキで無限の可能性が見えてくる。草タイプが流行れば、UMAデッキに入れてみたい。

リザードン

なぜリザードを収録しなかったのか。なぜリザードンを2種類収録してしまったのか。トリプル加速エネルギー対応で、なおかつ特性がないため、役割が被っているリザードンはいない。まぁ同名カードで役割被りなんてめっっっったにないんだけど。カウンターエネルギーも対応しているが、4エネで180出せるファイヤーとかいう鳥もいるのであまり意味はない。

リザードンGX

トリプル加速エネルギーと溶接工でそれなりに戦えるレベルになったたいへんすばらしいリザードン。お遊びパックに収録されているわりにGXワザも時代にあっており、わんちゃんデッキ作れる。ばくねつほうのデメリットがないのもかなりの強み。

ウインディ

珍しくベンチのポケモンに対するダメージも軽減できる特性を持っている。カプ・コケコ を封殺できる。ただ、ワザが雑魚。なぜバニラワザなのか。グランドフレイム・ヒートタックルのウインディが出たばかりなので、こいつを採用する意味とは一体、という感じ。

コダック

増田順一氏の好きなポケモンということで、何らかの忖度が働くかと思われたが、一切働いていない。もはや嫌味かというレベル。ただ、ずつうコダックが優秀すぎるため、今回に関しては見逃してあげてもいい。

コダック

イラストだけでなく、ワザまで使って全力でコダックらしさを表現しているので許す。

コイキング

HP30で一体なんのワザを耐えて回復しようとしているのか、考えれば考えるほど面白い。一生のお願いだからじっとするぐらいなら潜っておいてほしい。

ゲッコウガ

今パック最強の一角を占めるカード。エルフーンGX。ただ、非GXなので無駄に長生きできる。ワザが1つしかなく、非常に残念ではあるが、この特性を持ちながら、ベンチの進化前ポケモンや非GXポケモンを2回で倒せる可能性の高いワザなので、相手からしたらめちゃめちゃ怖い。

ゲッコウガGX

ワープ進化どころか、たねポケモンになれる。強すぎ。ムサシとコジロウを使いながら、出てきたときにはもう乱闘が始まってしまう。超ブーストエネルギー◇要員として、何でもない普通の2進化デッキに入れるだけで機能する。ちなみに忘れられてることが多いけど、超ブーストは2進化についていれば無条件でレインボーエネルギーになる。3匹いなくても。

名探偵ピカチュウ

主役。とりあえず数枚集めて10年寝かしたらそれなりの値段になる。名探偵とかいう肩書きをつけたせいで進化できなくなってる。次回作、名探偵ライチュウが出たら進化できる気がする。その頃にはこのパックは絶版になっているので、やはり今のうちに集めるしかない。

バリヤード

なかなか楽しそうなカード。エクストラとか殿堂とかで面白そうなギミックがあると、途端に候補にあがってくるので持っておきたい。とりあえずスタンでマオ+ジラーチで楽しそうなことはできる。欲張りダイスでも楽しそうなことができる。

ポケカ殿堂レギュの総括
2017年11月に開催された殿堂レギュレーションについての総括記事。昔のカードが使える珍しいルールなので、普段目にすることのないカード達が大活躍!でもやっぱりサーナイトやゾロアークは強い。

ミュウツー

なかなかのロック性能を持つワザ。アブソル等で逃げにくくしてしまえば、それなりに機能するような気がする。ただ、ワザの威力がどうしても低いため、展開するペースで負けそう。ウルネクやギラティナ、デスカーンのようなポケモンのサブとして刺しておきたい。このパックの中だと一番実戦に近い。

ミュウツーGX

だからなんで2種類作るのか。というか、こっちが非GXでよかったんじゃないかというくらい目立った点がない。サイキックノヴァGXのあとにしはいのはどうを打って、としていれば寿命は長そうだが、4エネつけるのが長い。ダブル無色対応とはいえ、超バレットには入らないので悩ましい。

カイリキー

意味がわからない。一生交通整理しといてほしい。

プリン

貴重なHP60のプリン。かと思いきや、もう1種類いる。そっちの方はダメージを与えられる。こいつは回復。選択肢としてはまぁありかな程度。ただ、プクリンがそれほど強いポケモンではないので、残念だけど映画の中だけで終わる。

ブルー

待望のHP60ブルー。グランブルがtier2程度の実力があるのでとても有用。このパックを買うポケカ勢の半分はこいつ目的で買う。しかも殴れる。強すぎる。

ブルー

だからなぜ2種類作るのか。

ベロリンガ

スカイレジェンドで最強のベロリンガが出たので、正直用はない。ゆびをふるバトルみたいなコイン投げるワザしか使えないレギュレーションが出たら使ってあげてもいい。

メタモン

潜在能力が未知数なので言及は避けたい。ちなみにタッグチームのGXワザを使うとしても、踏み倒しはできない。例えば、タッグボルトGXをどこでもコピーで打つ場合は、エネルギーがちゃんと6個いる。

ケッキング

かいじゅうマニア対応。元からいるケッキングが優秀すぎるが、ワザが微妙なので、場合によってはこいつを入れるのもいいかもしれない。まぁケッキング単になることはないのでそんなことを考えても意味はない。ただ、もうちょっと頑張って引きづり出して欲しかった。

ヨシダ警部補

発売前からSRとして公開されている稀有なカード。というか目玉。ヨシダ警部補がいなければ、みんなこのパック買わないだろうと経営陣が考えて、泣く泣く先に公開されたことが容易に想像がつく。

そもそも、トレーナーズとして生身の人間を出すなら同じポケモンを2匹収録せずに、生身の人間を増やしたらよかった。こんなサイホーンでも分かるようなことを思いつかなかった時点でもう何をやらしてもダメ。

スポンサーリンク