三鳥入りヌオーフリーザーの話

デッキレシピ【フェローチェ&マッシブーンGX】(CL千葉優勝構築)


マッジブーンGXと似たようなワザを持つタッグチーム、フェローチェ&マッシブーンGXのみで構成されたデッキ。複雑なギミックがなく、シンプルで洗練されたデッキです。

フェロマッシ単について

このデッキはフェローチェ&マッシブーンGX以外のポケモンは採用されていません。逃げエネが0のカミツルギやフェローチェなど、いくつかの選択肢はあると思うのですが、その枠を他のトレーナーズに割いて、選択肢を増やしているのがその不採用の理由。

もともと、他のポケモンを入れようにも、やることがないというか、フェローチェ&マッシブーンGXでひたすらワザを打つのが一番強い、みたいな感覚です。

また、サイドの枚数によって強力な効果を得られるウルトラビースト専用のカードの存在も無視できません。例えば、ビーストリングであれば、相手のサイドが3か4枚の時のみ使えます。

このカードは、相手のサイドの残り枚数が、4枚または3枚でなければ使えない。自分の山札にある基本エネルギーを2枚まで、自分の「ウルトラビースト」1匹につける。そして山札を切る。

この条件であれば、フェローチェ&マッシブーンGXを1匹倒されるだけで満たせる。相手は調整のしようがないため、手札にあればすぐに次のターンにエレガントソールを打てるようになります。

ルザミーネ◇も似たようなカードで、こちらは相手のサイドが3枚のときのみ使えるものです。

このカードは、相手のサイドの残り枚数が3枚でなければ使えない。
次の相手の番、自分の「ウルトラビースト」全員は、相手のポケモンからワザのダメージを受けない。

実質、もう1ターンプラスで自由に動けるようになるカードなので、入れておいて損はない。3枚という絶妙な条件だったため、あまり使われていなかったが、ウルトラビーストのタッグチーム単という奇妙なデッキのため、ピンポイントで確実に使える。もはやこのデッキの専用サポートといっても過言ではない。

ブルーの探索とポケギア

正直、このカードはゲームバランスを大きく調整するために作られたといってもいいくらいです。昔のカプ・テテフGXのように、今後のポケカで中心的なカードになっていきます。条件は自分の場に特性を持つポケモンがいないこと。このデッキであれば、どのターンでも満たせます。

そして、それにアクセスするためのポケギアというカード。これもなかなかに強力。デッキを上から7枚めくれるということは、デッキからカードを7枚引くようなもんです。ちょっと大げさだけど。いや、強すぎないか。両方4枚ずつ入れたら、かなりの高確率で最初のターンにブルーの探索にさわれます。

そして、そのブルーの探索を後攻の最初の番に使えるのであれば、あとだしハンマーを持ってきましょう。これで相手が先攻で取ったメリットを半分くらい打ち消せます。

このカードは、後攻プレイヤーの最初の番しか使えない。
相手の場のポケモンについているエネルギーを、1個トラッシュする。

また、エネルギーを引けなくとも、ネットボール経由で草エネルギーを持ってこれることも強み。確実にバトル場にフェロマッシがいるので、事故って何もできないというのはほぼなくなります。

マチスの作戦

このカードは、自分のサイドの残り枚数が、相手より多いときにしか使えない。
この番、自分が使えるサポートの枚数は3枚になる。(このカードをふくむ。)

いくらGXポケモンを倒そうとも、こちらは1匹倒されたらサイドを3枚取られるため、中盤まではサイドレースを先行される流れになることが多い。

ワザに関しても、ジェットパンチでダメージを蓄積させて、中盤にエレガントソールで倒し、タイミングをみて、ビーストゲームGXを決めるというのが理想。

そのために、マチスの作戦をうまく使い、アセロラとグズマを同時に使ったり、ルザミーネ◇とグズマを同時に使ったりと場合に応じて使い分けていきたい。

スポンサーリンク