ドリームリーグの収録カード一覧と評価

デッキ紹介【モクロー&アローラナッシーGX+レックウザGX】


新時代のレックウザデッキとして紹介されているタッグチーム入りレックウザGX。フシギバナ、アーゴヨンと盛りだくさんですが、安定したデッキに仕上がっています。

元tier1のレックウザGX

登場した当初は環境を席巻したレックウザGXですが、最近は鳴りを潜めています。なぜか。今の環境の方が早いから、それ以外ありません。

もともと、ドラゴンブレイクというワザは非常に強力で、今でも十分に主役を張れる性能を持っています。「x30」って書いてあればとりあえず強い。

草雷無 ドラゴンブレイク 30×
自分の場のポケモンについているとタイプの基本エネルギーの数×30ダメージ。

でも、特性のしっぷうどとうがあるとは言え、展開速度が今の環境と比べると少し間に合わない。そして一度倒されるとリカバリーに時間がかかる。そんな問題がありました。

レックウザGXとみつりんのぬし

過去にフシギバナ入りのレックウザGXが考察されなかったわけではありません。ただ、これに関しても展開速度が遅いという理由であまり使われることはありません。巨大植物の森(XYシリーズのめちゃ強スタジアム)があれば話は別ですが、ふしぎなアメやメガニウムでは間に合わないというのが現状でした。

モクロー&アローラナッシーGX

しかし、そこに現れた救世主的なワザ、スーパーグロウ。超耐久からエネ無しで繰り出される超速の進化はフシギバナ入りのレックウザデッキに一石を投じるものでした。

スーパーグロウ
自分の場の草ポケモン1匹から進化するカードを、自分の山札から1枚選び、そのポケモンにのせて進化させる。進化後が1進化なら、続けて2進化を1枚選び進化させる。そして山札を切る。

これに合わせてチャージアップのアーゴヨンも採用されています。手張り+しっぷうどとうでは少し物足りないため、しっぷうどとうでトラッシュしてしまった余分なエネルギーも場に持ってくることができます。アーゴヨン自身がワザを使うのは超弱点のポケモンを相手にするとき程度なので、ただの棒立ちにはなりますが、どんどんつけていきましょう。エネルギーつけかえも採用されているため、必要であればデンジでサーチし、レックウザGXやモクロー&アローラナッシーGXに付け替える流れも可能。

チャージアップ
自分の番に1回使える。自分のトラッシュにある基本エネルギーを1枚、このポケモンにつける。

今回は名探偵ピカチュウに収録されているHP60のフシギダネが採用されています。ともだちをさがすを使って、万が一バトル場に立ってしまったとしても若干のカバーはできます。

スポンサーリンク