ドリームリーグの収録カード一覧と評価

スターターセット「エーフィ&デオキシスGX」を改造してみた


ポケカを新しく始めようとスターターデッキのエーフィ&デオキシスGXを買った人もいるかと思いますので、改造案を書いてみたいと思います。正直、今回のスターターデッキは今までの中でもかなりの強さですので、わざわざ新しく作るほどのものではないような気もするのですが、ちょっとオリジナリティを出したい人向けに。

ギラティナ 3枚

このギラティナはトラッシュにいても、特性でベンチに出てくることができます。ゆうたら不死身みたいなもの。ミステリートレジャーは手札を1枚トラッシュして、好きな超ポケモンをデッキから持ってくるカードですが、このトラッシュでギラティナを選ぶとコストを踏み倒せるわけです。

しかも、しかも相手のベンチにダメカンをのせることができちゃう。これは攻撃にならないので、特性を使っても自分のターンが終わることはありません。1匹に1つしかダメカンをのせられないのであまりないとは思いますが、これで相手ポケモンをきぜつさせた場合、ターンの途中でサイドを取ることもできます。

特性
やぶれたとびら
このカードがトラッシュにあるなら、自分の番に1回使える。このカードをベンチに出す。その後、相手のベンチポケモン2匹に、それぞれダメカンを1個のせる。

どれと入れ替えるか自分で好きなのを選んだらいいんですけど、悩むのあれば、これをクレセリアとコスモッグと入れ替えましょう。

月輪の祭壇 2枚

超タイプのためにあるスタジアムです。このスターターセットにはスタジアムが入っていないので、何か適当に選びましょう。別に月輪の祭壇じゃなくても大丈夫。ただ、「逃げる」という選択はポケカの上達において必須なので、それを簡単にするためにも最初は入れておくことをお勧めします。初心者向けというわけではなく、上級者テクニックを簡単に使うためのものと思えば、ハードルも下がるんじゃないでしょうか。

超または悪エネルギーがついているおたがいのポケモン全員のにげるためのエネルギーは、それぞれ2個ぶん少なくなる。

これはエンニュートと入れ替えましょう。じゃあ進化できなくなるので、ヤトウモリも何かに変えちゃいましょう。

まんたんのくすり 3枚

全回復できるグッズです。グッズなので、サポートとは別に使うことができます。ただ、ダメカンを全部取り除く代わりに、そのポケモンに付いているエネルギーを全てトラッシュしなければならないというデメリットがあります。

しかし、カラマネロのサイコリチャージを使うことで、トラッシュからエネルギーをつけることができるため、実質これもノーコストで回復することができるようになります。タッグチームはサイドを3枚取られるというデメリットこそありますが、HPが2進化GXポケモンと同レベルかそれ以上に高く、簡単に倒されることはありません。ジラーチGXで弱点を消しているのでなおさら。そこに回復を合わせることで、かなり長生きするようになり、その分多く攻撃することもできるようになります。

最後に

ハウやポケモンいれかえについても、まだまだ他のカードが有用な場合がほとんどです。 ただ、一気にカードを入れ替えたところであんまり面白くないかもしれないので、プチ改造はこの8枚にして、残りはバトルしていく中で好きなカードにしてみるのをお勧めします。

相談とかあれば、いつでも乗るのでTwitterのDMからどうぞ。

スポンサーリンク