ドリームリーグの収録カード一覧と評価

オタクが天気の子を見た感想


*物語の内容について述べます(ネタバレ有)

*オタクが書いた文章です

*書いた人は天気の子ファンです

*天気の子、是非見てください

「君の名は」の新海誠

その新海誠の最新作

実際面白いのか?

そう感じてる人はたくさんいると思います。もうちょっと話題になったら見に行こうかな、とか思って静観してる人も結構周りにいます。

「君の名は」ってどれくらい売れたか知ってますか?

歴代邦画興行収入ランキング第2位です。トップは「千と千尋の神隠し」

でも、世界規模で見ると、千と千尋の神隠しってゆうほど人気じゃない。でも「君の名は」はアジアならめちゃめちゃ人気。だから、全世界の邦画興行収入なら第1位です。すごない?

少なくとも、未来数十年は語り継がれるであろうそんな偉大な作品を生み出した監督、それが新海誠。

その最新作。

ほんまにおもろいんか?

見てきました。

まさしくこれ。

まさしく、まさしくこれ。

授業中に机に突っ伏して寝るフリをしたかと思えば、ラノベを取り出して読み始めるキモオタ。

部活に入らず、放課後遊びにも行かず、家に帰ってすぐギャルゲなりエロゲをしてストーリーに感動するキモオタ。

パリピの好きそうな映画が自分の好きなアニメに似てるからって、「恋空で感動するならCLANNADでも感動しますよね!!!違いますか!!!???」とか書き込んじゃうキモオタ。

誰しも心に抱えるそういう数年前に死んだキモオタが絶賛する映画、それが天気の子。

俺たちの新海誠

キモオタらしく古参ぶってみるけど、初めて見た新海作品は「君の名は」じゃなくて、「秒速5センチメートル」。どっちが好き?って言われると、「秒速5センチメートル」。「秒速5センチなんだって」と扉越しに問いかけられたら、ちゃーんと「桜の花の落ちるスピード」って答えられる現代の忍者。

もちろん「星を追う子ども」だって「雲のむこう、約束の場所」だって知ってるし、「言の葉の庭」もちゃんと見た。

そういう新海誠に心を苦しめられたオタクたちは絶対に「天気の子」を認める。ビビりながらも、どうせまた鬱にさせられるんだと覚悟して見る。予告編で耳にタコができるほど聞いた「俺はただ、 もう一度あの人に、会いたいんだ!」。でかすぎるフラグ。ギャルゲを生き抜き、死亡フラグで笑ったオタクたちが警戒しないわけがない。

でも会える(ネタバレ)。「君の名は」よりも深く会えるし、なんなら手を繋いでこれからきっと2人は幸せになっていく。普通にハッピーエンド。これ以上僕たちに何も足さず、僕たちから何も引かないでください、オタクたちがそう願うほどのハッピーエンド。会えないと思ってたのに会えた時に感動よ。

「君の名は」じゃん、それ。ここまで読むとそう思う。普通にボーイがガールにミーツして、引き離されるけどまたミーツする。じゃあ何が俺たちの新海誠なのか。

童貞王の帰還

遠回しな表現を使わずにストレートで言うけど、新海誠は童貞特有の気持ち悪い妄想をしっかり作品として形にして何千何万何億の人に届ける男

母親が死んで、生活に困窮して、弟のために水商売で生計を立てようと血迷った少女をチンピラから救い出す妄想

警察から行くあてもなく逃げて、夜になると雪が降り出して少女が寒そうにしているので仕方なくラブホに泊まる妄想

童貞なら一度と言わず、50回はしたであろうこういった妄想を新海誠(46歳 男性)は大切にしてくれる。何ら技術を持たないキモオタたちは自分たちの作り上げた最強の妄想を世に出すことはおろか、形にすらできない。でも新海誠はそれをやってのける。

「君の名は」を見た人たちに期待されているような、手の込んだストーリーを美しい作画で仕上げる男じゃないんですよ。ペンギン・ハイウェイみたいなバレバレのおっぱい揺れ描写で支持を得るような男でもないんです。

心に住み着いた童貞の本気の妄想を「これが当たり前でしょ?何言ってんの?」とか言いながら、飄々と仕上げてくる。そんな王です。

46歳。未だ尚、思春期

主人公の帆高(ほだか)は家出少年です。(オープニングを除けば)田舎の島から家出して、東京に行くシーンから始まります。顔には傷があります。映画では言及されてないけど、多分、殴られたんでしょう。

帆高はキャッチャー・イン・ザ・ライという書籍を持ち歩いています。ここもオタクポイントが高いです。年を重ねたオタクは攻殻機動隊を必ず見ることになるんですが、そのタイミングでオタクはこれを読みます。最近だと「BANANA FISH」でもサリンジャーサリンジャーしてたので、読んだ人も多いはず。

このキャッチャー・イン・ザ・ライ。元々は、J.D.サリンジャーという作家が書いた本で、「ライ麦畑でつかまえて」というタイトルで訳されています。それが数十年経って、村上春樹が「キャッチャー・イン・ザ・ライ」というタイトルでもう一回訳したんです。最近の若いオタク、というか若い世代は村上春樹訳の方が読みやすいはずです。子供向けだとかそういうことを言ってるんではなくて、同じ英語を訳すにしても、最近使われている言葉を使うのと使わないのでは全く印象も変わってきます。あと、「ライ麦畑でつかまえて」の方は、あえて方言が使われています。田舎の荒々しさというか、都会への憧れとか、そういうのを出すためにちょうどいいのが方言だった。そんな説があったようななかったような。曖昧なので、間違ってたら教えてください。何れにせよ、帆高がこの新しい訳の方を読んでるという点で思春期ポイントが高め。

で、このキャッチャーインザライ。今ちょっと書きましたが、社会への不満とか思春期の葛藤とかをこれでもかと詰め込んだ最高傑作です。思春期真っ只中の少年が読むと、ノックアウトされて旅に出ます。自分が初めて読んだのは、例に漏れず歳を重ねたオタクになって攻殻機動隊を見てからなわけですが、中学時代に読んだら家出してたかもしれない。オタクの皆さんも歳を重ねてきたら読んでほしい。

そして、思春期ポイント高めのもう一つの要素が「イタさとクサさ」。ネットの感想ズラーっと見てたら、ここを凄い低評価する人もいたんですけど、社会に不満を抱いて家出するような思春期真っ盛りの少年の言動とか心情が出来上がっているわけないじゃないですか。もう目を覆いたくなるようなアイタタタタって感じがあって当然でしょ。それも田舎の島出身で、東京に来ちゃうような奴が自分と同じ言葉遣いとかするわけないでしょ。

シーンが切れる直前に敬語で叫んじゃったりもするし、自分が世界の中心で全部背負ってるみたいな言動だってかましちゃう。そりゃイタいし、クサい。見ててうざい。

でもよく考えたら、これってアニメなんですよ。製作陣がイタいのを分かってないわけないでしょ。自分で背負ってる気になってる主人公を作り上げてるんです。それがどれだけ癪に触ろうが、目を覆いたくなろうが、わざと作ってそうさせてんだから仕方ない。出来上がった人格を作らないでいてくれてありがとう。思春期のリアルさを出してくれてありがとう。

世界と少女

この映画は「君を守る。たとえ、世界を敵に回しても」系です。(一番のネタバレ)

古今東西、オタクはこの設定が好きです。DNAで決まってるんだからしょうがない。世界が滅ぶか、少女が死ぬか、なら世界が滅ぶ方をとって、少女を救う。オタク界隈では1+1=2ぐらい当たり前のことです。

天気の子はエロゲーである。某界隈ではそう騒がれていますが、これが理由の一つです。基本的にエロゲはストーリーが良い。オタクはみんなそう言う。そして、ストーリーが良いエロゲーの過半数はこのいわゆるセカイ系エンドがある。

最終兵器彼女とかイリヤを初めて読んだ日のことをオタクは覚えているだろうか。初めて会った少女と青春の1ページみたいな距離の詰め方をし、世界で一番幸せだと感じるところまでぶち上がっていく。そこからの急転直下。全身から冷や汗が吹き出し、一番大事なものを失うことにオタクたちは怯える。最近の言葉を使うなら「エモい」、あの何とも形容できない虚無感。天気の子はその虚無感をチラつかせつつ、映画の尺ではあるが、しっかりと丸く完結させてくれる。そこにオタクは感動し、賞賛し、こう叫ぶ。

天気の子はエロゲーのトゥルーエンドである!!

今回、エンディングで流れるRADWINPSの「大丈夫」。天気の子の主題歌は「愛にできることはまだあるかい」じゃない。「大丈夫」です。その歌詞がもうそれ(表現の放棄)

世界が君の小さな肩に乗っているのが
僕にだけは見えて 泣き出しそうでいると

「大丈夫?」ってさ、君が気づいてさ 聞くから
「大丈夫だよ」って僕は慌てて言うけど
なんでそんなことを言うんだよ
崩れそうなのは 君なのに

歌:RADWINPS
作曲:野田洋次郎
作詞:野田洋次郎

エロゲーのマイナー声優とか歌手が歌う主題歌ですら感動して泣き叫ぶオタク。「何でみんな分からんのかなーこの良さが」とか言っちゃうオタク。でも安心してほしい。今回はそのエロゲーの曲をRADWINPSとかいう最強の知名度を誇るバンドが歌ってくれる。恋空をバカにしたCLANNADオタクは、今回RADWINPSでも感動せざるを得ない。でも安心してほしい。普通にアホみたいに感動する。

感動したオタクはウオオオオオオオって叫びます。天気の子には、うたプリみたいにオタク映画よろしく応援上映をしてほしい。叫ぶから。セリフだってもう覚えた。

最後に

いかがでしたでしょうか!天気の子はエロゲーだと言われていますが、こんな理由があったんですね!ファンとしてはあと10回は見たいところですね!では、今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ふざけた前置きは置いといて、天気の子は本当に素晴らしい映画です。オタクが言うんだからオタクは見てほしい。エロのないエロゲ。恋愛感情抜きにした、でも友情とも違う男女関係。世界の形(物理)を決定的に変えてしまったんだ。

ここまで読んだ未視聴オタクはきっと見た後に記憶を消してもう1回見たがると思います。ごめんね。見た後にこれを読んだオタクはやっぱり記憶を消してもう1回見たがると思います。わかる。

新海誠ありがとう。

新海誠がこれだけお金をかけて最高の作品を作れたのは「君の名は」が売れたから。だから「君の名は」を見てくれた人もありがとう。

みんなありがとう。

良い作品に恵まれたオタクはみんなに感謝しがち

世界と少女を天秤にかけて、少女を取る系の話が死ぬほど好きなので、何かあったらTwitterで教えてください。小説か漫画か映画でお願いします。よろしくお願いします。

スポンサーリンク