三鳥入りヌオーフリーザーの話

デッキレシピ【GXスタートデッキライチュウGX改造計画】


最近のポケカブームの影響を受けてポケモンカードを始めたい!けれどカードが入手できなくて始めることが出来ない。今そんな人が増えているのではないだろうか。デッキ作りの上で欠かせない汎用カードであるカプテテフGX、シロナ、グズマといったカードは現在入手が難しく、新規参入が厳しくなっているのが現状だ。(カードショップである程度のお金を払えば上で記述したカードの入手は可能だが今はオススメしない。理由は後述)

しかしTCGはブームの時にプレイするのが1番楽しい!とにかく早くこのブームの並に乗りたい新規勢のために、GXスタートデッキライチュウ2個と新強化パックのダークオーダーに入っているカードだけでデッキを作成した。比較的安く作れるかつ動かしていて楽しいデッキになっているので是非参考にしてみてほしい。

デッキコード【caD8ax-WhKfeN-ccc4xx】

デッキ内容(大まかなコンセプト立ち回り)
デッキの中身はスタートデッキを中心として、その中に拡張パックからカプ・コケコPS、サンダーの2種類のポケモンと、エレキパワーを加えた形になっている。
序盤ライコウ、カプ・コケコPSを使って自分の場にエネルギーを増やしていき、エレキパワーやククイ博士で火力を補助しながらライチュウGXとレントラーで高火力を出していくデッキ。

デッキ内容(各カードの役割、細かい立ち回り)

・相手にダメージを与えて倒すカード

ライチュウGX


このデッキの目玉。パワフルスパークやかみなりで敵をなぎ倒していく。パワフルスパークは自分の場のポケモンに付いている雷エネルギーが多いほど火力が増していく技であり、自分のポケモンに雷エネルギーをつけることが出来る技や特性をもつライコウ、カプ・コケコGXで場を整えてから使う事で、低コストで相手のポケモンに大ダメージを与えることができる。GX技のボルテールは相手に120ダメージを与えつつマヒ状態にする強力な技。マヒ状態のポケモンは1ターンの間、技を出したり逃げることができなくなるので相手の動きを遅らせることが出来て非常に強力。HPも210とそこそこ高く場に出れば1ターンでやられてしまうことはあまりないだろう。かみなりは相手に160ダメージを与えることができるが自分も30ダメージを受けてしまうので使い所には注意。

レントラー


技ボルテージアローは自分についている雷エネルギーを全てトラッシュしなければならないが相手の場のポケモン1匹に150ダメージを与える技。ククイ博士やエレキパワーを一緒に使う事で相手のベンチポケモンにも大ダメージを与えることができる。このダメージは通常ポケモンやHPの低いGXポケモンを一撃で倒すことかでき、特にカプ・テテフGXが一撃で倒せるのが魅力。相手のベンチにカプ・テテフGXがいたら積極的に狙っていきたい。特性のいかくのキバも強力な特性でこのポケモンがバトル場にいるだけで相手の技のダメージを30軽減することができる。逃げるのに必要なエネルギーがないのも魅力。

サンダー


雷タイプでありながら闘タイプに耐性を持つ珍しいポケモン。技アサルトサンダーは使用したターンにこのポケモンがベンチからバトル場に出ていたら相手に80ダメージを与える技。条件が整えば1つの雷エネルギーでそこそこのダメージが出せる。グッズのポケモンいれかえやレントラーと組み合わせてコンボを狙っていく。

・主に試合を有利に進めるために補助をするポケモン

ライコウ


このデッキの影の主役。このポケモンが上手く仕事ができるかどうかで試合の展開が大きく変わる。技とどろくらいめいは相手に30ダメージを与えつつ、トラッシュから雷エネルギーを1つ味方につけることが出来る技。基本的に1ターンに1つしか付けられないポケモンカードのルールにおいてこの効果は非常に強力で、ベンチにいるライチュウGXやレントラーに雷エネルギーを付けて彼らがバトル場に出た時にすぐ技が撃てるように準備をすることができる。ネストボールなどを使って序盤からバトル場に出していきたい。

カプ・コケコPS


特性せんじんのまいはこのポケモンがベンチにいるとき、このポケモンをロストゾーンにおくことで自分のベンチポケモン2匹を選んでトラッシュにある雷エネルギーをそれぞれ1つ付けることができる特性。エレルギー加速ができる特性が強力であることは上で説明したとおりであり、このデッキではレントラーとカプ・コケコPSを効果的に使用してライチュウGXとレントラーに繋げていく。

ルクシオ


技でんじしょうがいは相手に30ダメージを与えつつ、次の相手の番相手は手札からグッズを出して使うことが出来なくなる技。相手は次の番トレーナーカードをサポートカード1枚しか使うことが出来なくなり、相手の行動を妨げることができる。相手を動きにくくしてその間に自分の場を整えたり、地味ながらもいやらしい動きができるポケモン。

・グッズカード

ネストボール
山札にあるたねポケモンを1匹ベンチに出すことができるグッズカード。序盤から使ってライコウやピカチュウ、コリンクなどを素早く場に出していきたい。

ハイパーボール
手札を2枚トラッシュして山札から好きなポケモンを1枚手札に持ってくることができるグッズカード。ライチュウやレントラーを手札に持ってきつつ、手札の雷エネルギーをトラッシュすることでライコウやカプ・コケコPSとのコンボを繋げることができる。

エレキパワー
使った番、自分の雷タイプの使う技の威力を30増やすグッズカード。重ねがけもできるので積極的に使って相手に大ダメージを与えていきたい。

ふしぎなアメ
コリンクをいきなりレントラーに進化させることができる。コリンクをルクシオに進化させるか、ふしぎなアメを使っていきなりレントラーに進化させるかは状況を見て判断。

サポートカード

リーリエ
自分の手札が6枚になるように山札からカードを引く、自分の最初のターンに使ったなら8枚になるように引くことができる強力なサポートカード。自分の番の最後に使うことによって次のターンもスムーズに動くことができる。

マーマネ
手札からカードを2枚トラッシュし、山札から4枚引くサポートカード。必要のないカードや雷エネルギーをトラッシュして次の行動に繋げていきたい。

ククイ博士
山札から2枚カードを引く効果に加えて使ったターンの技のダメージを20増やす欲張りなサポートカード。レントラーに使うことで相手のベンチにいるカプ・テテフGXを一撃で倒すことができる。

ジャッジマン
お互いのプレイヤーの手札を全て山札に戻し、それぞれ山札から4枚引くサポートカード。相手の手札に干渉できるため妨害に使うことができる。

デンジ
山札からグッズカードと雷エネルギーをそれぞれ1枚手札に加えることができるサポートカード。ハイパーボールと雷エネルギーを持ってきて、そのまま雷エネルギーをトラッシュしてハイパーボールを使ったり、エレキパワーを好きなタイミングで持ってきたりできる。このサポートカードを使うと手札が枯渇しがちな印象なので、残りの手札にドローができるカードを持っているとこのカードを使った後もスムーズに行動することができる。

最後に

このデッキは環境の最前線で戦っていけるようなデッキではないだろう。しかしカードの効果を使って山札から手札、トラッシュから自分の場へカードを動かしてスピード感のあるプレイができるこのデッキはポケモンカード初心者でも楽しくプレイできるものとなっていると思う。初めに書いたカプ・テテフGXやグズマ、シロナといったデッキ作りに欠かせない汎用カードは来月に発売する拡張パックで再録が予定されており、これから入手難易度が下がっていくことが予想されるので手に入れるのはそれからでも遅くないと私は考える。まずは低コストで作れるデッキでポケモンカードの楽しさを感じてもらって、もっとポケモンカードを楽しみたい!と思ったらこういったカードを集めてさらに充実したポケカライフを送ってもらえたら嬉しい。

執筆者:佐藤

スポンサーリンク