ドリームリーグの収録カード一覧と評価

テッカグヤGXの類い希なる?ポテンシャルについて


テッカグヤGXの解説・デッキ構築

GX・EXポケモンで鋼タイプが弱点のポケモン

『サーナイトGX』・『ニンフィアGX』


逃げエネが2、弱点なので、180ダメージ
『こだわりハチマキ』を使って、240ダメージで一撃。
ちなみに『グレイシアEX』は『こだわりハチマキ』無しで倒せます。

『アローラキュウコンGX』


逃げエネが1、弱点なので、120ダメージ
『こだわりハチマキ』を使って、180ダメージ
次のターンに「クリアゲートGX」を使われたら目も当てられないので、おとなしく「ムーンプレス」を使った方が良さそうです。

テッカグヤGX入りデッキ構築とは?

『ソルガレオGX』


GXワザの優先度がかなり高い。めっちゃ高い。
1エネでエネルギー5枚持ってこれるとか強い
ただ、『テッカグヤGX』からGXワザを取ると、良いとこが半分くらい減る。
でも鋼タイプだから使いたいところなので、『テッカグヤGX』を単なるアタッカーとして運用するか。

『ドータクン』


トラッシュからエネルギーを持ってこれる。
1進化なので、ある程度は早い上に2体以上並べることも可能。
ベンチポケモンにしかつけられないので『かるいし』は必須。
あとアタッカーの問題も解決しないといけない。
1ターンにトラッシュから1枚だと、ちょっと遅い。

『メタグロス』


『ドータクン』と似ているが、自分でも殴れる。
というか、自分で殴った方がいい・・・?
エネ加速は超エネルギーも対応しているので、超と鋼の混合も視野に入る。
『テッカグヤGX』の逃げエネが重たいので、『次元の谷』と『シルヴァディGX』とか。
ちょっとパーツが多いから、うまく回すのは苦労しそう。

解決すべき課題はまだまだ山ほど・・・

いま挙げたポケモンだと『ダブル無色エネルギー』の共有ができない。
『テッカグヤGX』はせっかく対応しているので、他にもいくつか入れたいところ。
『ダブル無色エネルギー』対応のたねポケモンと言えば、真っ先に上がるのはやはり『ケンタロスGX』
HPも高いので、ある程度ダメージがたまったところで『にんじゃごっこ』を使うとか。

逃げエネが4つもあるので、素逃げはかなり分が悪い。
かといって、『かるいし』をつけると火力不足になってしまう。
逃げずに殴り続けて、ぎりぎりで『アセロラ』で回収するのも手。

スポンサーリンク