三鳥入りヌオーフリーザーの話

デッキレシピ【シルヴァディGXバレット+コバルオンGX】


自分が最初に作ったデッキがラプラスシルヴァディで、シルヴァディGXには思い入れがあるので、今回ウルトラシャイニーでシルヴァディGXの新しいメモリが追加されたので、それを活かしてシルヴァディGXのタイプを変えて相手の弱点を突いていく、”シルヴァディバレットデッキ”を組んでみました。 各種メモリをサーチしやすくするために、特性「ねがいぼし」を持ったジラーチを採用しています。

・ポケモン

シルヴァディGX

このデッキの主役。3エネでうてるターボドライブは120ダメージであり、弱点をつけばほとんどのポケモンを一撃できぜつさせる火力がある。さらに、トラッシュからベンチにエネルギーを加速することもできるので、一体目のシルヴァディを早く立てる事が重要になる。 また、特性のジャイロユニットはタネポケモンの逃げエネをゼロにできるので、ジラーチがサーチした後にすぐ逃げる事ができる。(ねむりへの対処は後述) GX技のリベリオンGXも強力で、相手のベンチに5体ポケモンがいれば弱点をつけない相手も一撃できぜつさせる事ができる。

ジラーチ

特性のねがいぼしは山札の上からトレーナーズをサーチできるので、これにより相手の弱点をつけるメモリを集める速度を上げることができる。サポートやスタジアムも状況に応じて持ってこれるので序盤から積極的に使っていきたい。

ねがいぼし
このポケモンがバトル場にいるなら、自分の番に1回使える。自分の山札を上から5枚見る。その中にあるトレーナーズを1枚、相手に見せてから、手札に加える。残りのカードは山札にもどして切る。その後、このポケモンをねむりにする。

コバルオンGX

コバルオンGXの特性メタルシンボルにより、ジラーチが特性を使ってもねむり状態にならないので、安定して逃げることができる。 また、技デュエルセーバーもスタジアムがあれば110ダメージ出るので、シルヴァディGXがメモリで対応できない鋼タイプを弱点としているフェアリータイプなどを倒すこともできる。 (ちなみに、HPが230以上ある鋼弱点のポケモンはサーナイトGXだけであり、エネルギーが2つしかついていないコバルオンGXならサーナイトGX側も一撃でコバルオンGXを倒すことは難しい。)

マギアナ

このポケモンは特性により、ポケモンのどうぐを手札に戻すことができるので、倒される前にメモリを再利用したり、メモリを付け替えることで新たに出てきたポケモンの弱点を突くなど、面白い動きができる可能性があるので、1枚だけ採用しています。

マニューラ

このデッキのサブアタッカーとして採用しました。1進化なのでシルヴァディGXのジャイロユニットが適用されないのですが、GXポケモンからダメージを受けないフーパや、悪弱点であるギラティナのような強い特性を持ったポケモンを倒すのに1番適していると思ったので採用しています。

グッズ

ボール系

ハイパーボールとネストボールを3枚ずつ採用しています。最初は4枚2枚で採用を考えたのですが、ジラーチを序盤に持ってきたいのでネストボールを1枚増やしました。

各種メモリ

HPの高いGXポケモンをリベリオンGXで一回倒すことを前提として、あと2体倒せればいいのでメモリは2つずつの採用です。 雷を弱点とするポケモンが環境にあまり多くないので、エレクトロメモリだけ採用していません。草弱点も基本的にはルガルガンGXくらいしかいませんが、ルガルガンGXのたそがれのすがたの登場や、ゲッコウガの再録もあったのでグラスメモリも一応2つです。

ムキムキダンベル

シルヴァディGXにつければ、HPが250になり採用が多くなっているイワークに一撃で倒されなくなるので、1枚だけいれてみました。 マギアナがいれば付け替えもできますね。

サポート

グラジオ

シルヴァディGX主体のデッキなので1枚いれてみました。欲しいメモリがサイドに2つとも落ちてしまっている場合の事故のケアにもなります。

ウラになっている自分のサイドのオモテをすべて見て、その中にあるカードを1枚、この「グラジオ」と入れ替えて、手札に加える。その後、この「グラジオ」と残りのサイドをすべてウラにして切り、サイドとして置く。

ドロー系

ジラーチで持ってくることができるので、気持ち少なめの採用です。シルヴァディGXの特性はシルヴァディ自身には発動しないので、ポケモン入れ替えも選べるフウとランの枚数はもう少し増やしてもいいかもしれません。

スタジアム

そらのはしら

戒めの祠やプリズムスターのスタジアムが強力なので、それをトラッシュするための採用です。 そらのはしらにした理由としては、ジラーチがどうしてもベンチに残ってしまうのでダメカンをばら撒かれて倒されてしまうのを防ぐためです。

最後に

このデッキの弱点としては、ロストマーチのようなHPの低い非GXポケモンでガンガン殴ってくるデッキだと思います。 その場合は、マニューラを早めにたててポポッコを一気に倒すのが良いかと思います。

特性かがやくたてがみを持ったソルガレオGXがいると弱点をつけなくなり、非常にきつくなります。そこは上手くリベリオンGX等で倒していかないと厳しいかなと思います。

山札から手札にポケモンのどうぐを持ってこれるぼうけんのかばんを採用した方が、シルヴァディGX自体の回転は良くなると思うのですが、ジラーチとコバルオンGXの組み合わせもおもしろいと思ったのでこの構成になりました。
あまり評価の高くないコバルオンGXもなかなか強いと思っていただけたら幸いです。

執筆者:知念寛飛

スポンサーリンク