三鳥入りヌオーフリーザーの話

ソルガレオGXとゾロアークGXの可能性について②


こちらの記事の続きです。

ソルガレオGXとゾロアークGXの可能性について①
『ソルガレオGX』と『ゾロアークGX』って可能性の塊ちゃう?ということで、どれくらい噛み合っているのか書いていきます。新しい『ソルガレオGX』も発表されたので、それも踏まえつつ。【ソルゾロ】確立に向けていろんな可能性探っていきたい。

『ソルガレオGX』と『ゾロアークGX』と組み合わせられるポケモンは果たしているのか? もうこの2匹だけでチーム組んだらええんとちゃうか? でもとりあえず考えてみようや!ということでいくつか見ていきます。まず、候補を挙げる上で考えるべきこといくつか。

・展開の早いポケモン

『ソルガレオGX』の進化ラインと『ゾロアークGX』の進化ライン+汎用ポケモン(『カプ・テテフGX』や『シェイミEX』)が入ることを考えると、それほど多く枠を割けない。ソルガレオラインを4:2:3、ゾロアークラインを3:2にしても14枚埋まってしまう。『ソルガレオGX』の新旧を両方とも入れるのであれば、4枚採用も考えられる。そこから『カプ・テテフGX』を2枚入れるとしたら、16or17枚。2進化ポケモンを入れる余地はないし、1進化ポケモンを2:2で入れるとかなりいっぱいいっぱい。ということで、1進化が無しではないけど、たねポケモンを採用するのが妥当じゃないかなーって。

・ダブル無色エネ対応のポケモン

新『ソルガレオGX』と『ゾロアークGX』を採用する以上、『ダブル無色エネルギー』の採用は確定。それを活用できないとなると、エネを貼れるタイミングがかなり絞られてくる。できれば、『ダブル無色エネルギー』対応の方が回しやすくはなる。若しくは、2・3エネで大ダメージを出せるポケモンでも可。というのも、「ソルバーストGX」でつけるエネを考えると、『レインボーエネルギー』を2枚、『ソルガレオGX』に、そして『ゾロアークGX』に『ダブル無色エネルギー』を1枚。残り2枚のエネをどう分けていくか。『コスモッグ』がすでにたっているのであれば、『ダブル無色エネルギー』をつけて、新『ソルガレオGX』に備えるのも手。そうなれば、残り1枚になり、ちょっと無駄になる。『カプ・テテフGX』に『ダブル無色エネルギー』をつけるぐらいか。なら、別のポケモンに基本エネを2枚貼って、次のターンの手張りでエネを3枚揃えた方がいいかもしれない。事故った際に、『ゾロアークGX』につけたいから、『ダブルドラゴンエネルギー』のようなポケモンを選ぶエネルギーは避けたいところ。特殊エネのみのデッキになると、新『ソルガレオGX』とも噛み合わなくなってしまう。

これらを踏まえて、たねポケモンを何匹かみていきます。

『カミツルギGX』

鋼タイプなので、『レインボーエネルギー』を採用せず、『基本鋼エネルギー』を入れることができる。また、それによって新『ソルガレオGX』のエネ加速に対応できる場面を増やすこともできる。このカード自体、ベンチに出すだけで十分に役割を果たすことができる。出した後も『スカイフィールド』のおかげで置物化せず、「ライオットビート」のダメージアップに貢献することができる。

デメリットとしては、火力がめちゃめちゃ低い。ワザを打つ必要がないほどに。GXワザを打つことはないので、「はやてのたち」しか使わないが、3エネで70ダメージだと打たない方がマシなレベル。せっかく新『ソルガレオGX』の見せ場を作れるのに、それを活かせない。UB専用サポートでもしかしたら可能性があるかもしれない。

『アクジキングGX』

『ダブル無色エネルギー』対応且つたねポケモンの最大打点。バニラワザなので、連打も可能。ただ、やはり必要エネ5つというのは無視できず、『ソルガレオGX』が立たなければ、こいつの存在意義がなくなってしまう。『ゾロアークGX』で攻撃しないことを前提に、「ソルバーストGX」の対象をこのカードに絞ってしまえば、すぐにエネルギーは揃えることができる。

HPも210とかなり高いので、180ダメージを中盤から連打することができれば、相手にとって相当な負担となる。最有力候補の1つだが、使い方を誤ると、一気に崩壊しかねない。無しではない、割とあり。なしよりのあり。

『ミュウツーGX』

超ポケなので、旧『ルナアーラGX』を採用する余裕があれば、非常に強力なカードとなる。『ダブル無色エネルギー』には直接対応はしていないものの、「フルバースト」が自分のエネルギーの数を参照するので、『ダブル無色エネルギー』を2枚と『レインボーエネルギー』か『基本超エネルギー』をつけてしまえば、150ダメージまで出すことができる。そこまでつけずとも、3つエネルギーがあれば、『ネクロズマGX』を倒すこともできるので、環境によっては刺さるかもしれない。

『ヨワシGX』

ヨワシ。

『ジジーロンGX』

個人的にこのポケモンは結構推していきたい。まず、無色タイプなので『ダブル無色エネルギー』対応且つ、『基本鋼エネルギー』を採用できる。ただ、「ぎゃくじょう」の特性上、『レインボーエネルギー』の方が相性が良かったりする。ただ、「ウルトラロード」で逃げ放題なので、ダメカンがのってるポケモンをベンチに下げることは容易。

特殊エネ環境において、「ホーリーエッジ」で牽制もできるため、相手によって動きを変えることも可能。【ソルガレオゾロアーク】の相方として、たねポケモンを選ぶのであれば、その1枚をこのカードにしておいても良い。ただ、相手の弱手の突くことができないのは少しもったいないかもしれない。それでも最有力候補の1枚としてあげておいて損はない。

『ホウオウGX』

『ダブル無色エネルギー』対応。ではあるが、「フェニックスバーン」が対応していないため、うまく噛み合わない。実質、『アクジキング』の「タイラントホール」と変わらないため、連打できないこちらの方が使い勝手は悪いかもしれない。ただ、「ライオットビート」で倒しきれなかったポケモンを狙い撃ちできる点は優秀。「フェニックスバーン」を使わず、「せいなるほのお」の必要エネだけつけて、『ゾロアークGX』の後続として出しても良い。

『ラプラスGX』

3エネで最高火力。いつでも逃げられる環境を作った上で使う「ブリザードバーン」の強さは【WTB】において証明済み。ただ、『ダブル無色エネルギー』に一切対応していないことが難点。「れいとうビームGX」と併用すれば、それはそれは強いポケモンになるけど、GXワザの枠はないので残念賞。褒める点と言えば、後攻1ターン目で「もってくる」を使えば、多少の事故は回避できるところか。あと、新『ソルガレオGX』で弱点は消すのであまり役立つことはないだろうが、旧『ソルガレオGX』の弱点である炎タイプに一矢報いることができるのもこのポケモンならではの強み。

『ネクロズマGX』

『ダブル無色エネルギー』対応、と言いたいところだけど、そうでもない。「ブラックレイGX」の優先度は低く、「プリズムバースト」には超エネを使いたい。新『ソルガレオGX』の「ターボストライク」とは相性が良い、がそこまで連打するワザかと言われれば、微妙なライン。ただ、3エネで190ダメージはかなり高性能なので、一発屋としての採用の方が濃厚かもしれない。

『バクガメスGX』

有力候補の1つ。「トラップシェル」は『ダブル無色エネルギー』対応だけど、これよりも「ぐれんのほのお」の方が有用かもしれない。3エネで160ダメージはトップクラスではないものの、かなり威力は高い部類に入る。また、「ターボストライク」と相性が非常に良い。120,160と連打できることを考えると、結構良い線いってる。また、タイプをばらけさすこともできるので、相手の弱手もつきやすくなる。『こだわりハチマキ』を巻いて190ダメージ出せるなら、かなり採用ライン。

『マッシブーンGX』

3エネで160ダメージを出せる。『バクガメスGX』が強いんだから、このカードも強いに決まってる。加えて、『ゾロアークGX』の弱点をつけるんだから、それ以上に強いに決まってる。問題は闘エネ一色なところ。『ダブル無色エネルギー』に一切対応しておらず、使える場面がかなり絞られてくる。いっそのこと、『ストロングエネルギー』を2枚ほど入れてみるのはどうか。200ダメージまで出せるぞ。その場合、このカードを2枚入れてもいい、というか他のポケモンを入れる余地がなくなってしまう。考えることが多すぎるので、保留。選択肢としては大いにあり。

『ウツロイドGX』

「うつろなひかり」がなんと言っても強力。「ウルトラロード」があるおかげで、自分のポケモンは逃がすことができる。なので、相手だけどく・こんらん状態にすることができる。加えて、『ルナアーラGX』がいれば、「サイコトランス」である程度エネルギーの融通を利かすことができる。色エネ3つ指定の割には、活躍の場がありそうな予感。ただ火力はないので、わざわざ超エネを採用する理由もそれほどない。なので、どのタイプにでも使える可能性があり、1枚差しておく程度なら考えてもいい。

さいごに

色エネを3枚以上使うポケモンに関しては、エネの枚数の問題がつきまとう。『レインボーエネルギー』『ダブル無色エネルギー』を各4枚採用したとして、『ソルガレオGX』に『レインボーエネルギー』を3枚つける。基本エネが4枚採用であれば、その内3枚使うことになるため、「ソルバーストGX」を使ったとしても、中盤までにエネを揃えるのは結構難しい。

新『ソルガレオGX』:ニコタマ

旧『ソルガレオGX』:レインボ-3つ

『ゾロアークGX』:ニコタマ

ここまで確定事項なので、色エネのみ指定しているポケモンだと少し厳しいところがあるのが現状。

スポンサーリンク