ドリームリーグの収録カード一覧と評価

懺悔記事。デンジュモクGXのデッキレシピ。


デンジュモクGXが弱い、そんな記事を書きました。

U.B.デンジュモクGXは強いのか?
ハイクラスパック「GXバトルブースト」に収録される『デンジュモクGX』の詳細が発表されました。めちゃめちゃ弱いぞ!いや、決めつけるな!考えろ!ということで考えてみた。

GXバトルブーストを1箱買いました。
SR以上が確定らしいからリーリエ狙いです。

その結果がこれです。


本当に辛い。

本当に。

ということで懺悔記事書きます。

デンジュモクGXについて

雷エネルギーが必要

『オクタン』や『ゾロアークGX』のように、ベンチに置いておくだけで力を発揮できるポケモンではありません。ちゃんと戦える環境にあってこそ、ある程度輝けるポケモンです。いざとなれば、最後の1匹として相手ポケモンを攻撃しなくてはいけません。相手に対して有利な盤面を作ることと、勝負に勝つことは全く別なので、それを覚えておきましょう。

アタッカーはできない

攻撃する必要があると書きましたが、それはいざという時の話です。実際に攻撃するというより、攻撃できるんだぞ、ということを相手に知らせることが重要なんです。ワザの必要エネは3つもある割に、ダメージはかなり低い方です。追加効果も大したことはありません。終盤にもしかしたら役に立つ程度です。なので、別にアタッカーを用意する必要があります。

『デンジュモクGX』を使ったデッキレシピ

ポケモン グッズ サポート
カプ・ブルルGX 2 ハイパーボール 4 プラターヌ博士 4
カプ・テテフGX 2 バトルサーチャー 4 N 2
カプ・コケコGX 2 ふしぎなアメ 3 フラダリ 1
アゴジムシ 4 ヘビーボール 2 アセロラ 1
デンヂムシ 2 トレーナーズポスト 2 オカルトマニア 1
クワガノン 3 かるいし 2 アズサ 1
デンジュモクGX 2 フィールドブロアー 2
こだわりハチマキ 1 エネルギー
エネルギーリサイクル 1 基本雷エネルギー 6
基本草エネルギー 6

現時点で雷エネルギーを使い、且つ十分なアタッカーがいるデッキである程度回すことができるのは【ブルルガノン】しかないです、たぶん。『カプ・ブルルGX』と『クワガノン』を使ったデッキです。

結局、そのデッキに組み込むことしか今の時点でできないわけです(別にdisってるわけではない)。相性としては悪くはないはず。『クワガノン』でエネ加速する対象が、現時点で『カプ・ブルルGX』のみ。余った雷エネルギーを『カプ・コケコGX』で回収しながら奇襲。そんな流れです。他のアタッカーの選択肢として、『ライコウ』や『サンダースEX』が候補としては上がる程度なので、そこに『デンジュモクGX』をぶち込んでもそんなに変わらない!はず!!!

このカードの唯一優秀な点が特性の「フラッシュヘッド」。『オカルトマニア』で秒殺されてしまうことを考えると、とりあえず差しておくだけでは全く強くない。『フーパ』や『アローラキュウコン』が環境の最前線にいないことを考えると、よーく分かる。いくら強い特性を持っていようと、それなりの立ち回りが要求されてしまう。だからこそ、自分から攻撃して圧力をかけていかないといけない。幸い、GXポケモンでHPは十分に高いので、サブアタッカーぐらいであれば役割を果たすことができる。また、たねポケモンなのでそれほどデッキを割く必要もない。

『ライトニングGX』はあまりにもGXワザとしては弱すぎるので使うことはない。GXワザを使わない前提のGXポケモンは基本的に弱い。『ゾロアークGX』ほど優秀な特性があれば、話は別だが、基本的には弱くなってしまう。でもこのカードはぎりぎり、特性でその弱みをカバーできる、はず。特性単品で見れば、十分に強力なので、まだまだ採用の余地はある。

基本的な回し方

手っ取り早く簡単に揃えたい! ポケカ初心者向けのカプ・ブルルGX!
SM環境から入った人にはぴったりの【ブルルガノン】の紹介記事です。ブルルやコケコ、テテフといったカプ達を無駄なく使えるわくわくデッキ!

【ブルルガノン】(【カプ・ブルルGX+クワガノン】)の記事を書いているので、基本的な回し方についてはこちらを参照してください。

まずは、大前提として、『クワガノン』を育てます。そのために『ふしぎなアメ』や『ヘビーボール』を採用しています。初めのターンで『アズサ』なりを使って、ベンチに『アゴジムシ』を並べ、次のターンで『クワガノン』に進化させましょう。『トレーナーズポスト』を多めに採用することも重要です。

それと並行して、『カプ・ブルルGX』にエネを貼って攻撃していきます。基本的にはブルルがメインアタッカーとなります。中盤以降、エネを貼ったまま、倒されそうなポケモンが出てきた辺りで『カプ・コケコGX』を出して、特性を使います。そうやって、うまくエネの融通を利かしてくわけですが、その辺りで『デンジュモクGX』がいればいいんじゃないかなーという考え。『かるいし』を採用する余裕もありますし、相手に応じてピンポイントで『デンジュモクGX』を出していけば牽制になります。相手は特殊エネをつけたポケモンでは、このカードを倒せないわけですから、自然と立ち回りが制限されます。そこを突いて、相手の基本エネのみついたポケモンを『フラダリ』や『グズマ』で引っ張り出して倒せばいい。

さいごに

ポイントは、『デンジュモクGX』の特性に頼らないこと。

確かに、特殊エネのついたポケモンからダメージを受けないのは強力ですが、それに頼り切って勝ちを取れるほど単純なカードゲームではありません。それ相応の対策がありますし、特性を消せる『オカルトマニア』なんてメジャー中のメジャーカードです。だから単品では意味を成しません。

  • 基本エネのみのポケモンを先に倒す
  • 手札に握っていることを知らせる

この2つを駆使して、バトルを優位に進めましょう。『カプ・ブルルGX』や『カプ・コケコGX』といった、十分なダメージを与えられるポケモンを中心に据えているので、相手ポケモンを倒すことは造作もないはずです。頑張りましょう。

また、『ハイパーボール』等でサーチして、すぐにベンチに出さないことによって、相手の『フラダリ』を防ぐことができますし、ベンチに出さずとも十分に役割を果たすことができます。チラ見せするだけで相手にとっては、十分なプレッシャーになるんです。『N』を使われようとも、デッキに入っていることにはかわりはないので、それでも構いません。

スポンサーリンク