ドリームリーグの収録カード一覧と評価

デッキレシピ【ウルトラネクロズマGX+カラマネロ】


デッキコンセプト

ウルトラネクロズマのワザ「フォトンゲイザー」で高火力を出すために、カラマネロやネクロズマあかつきのつばさGXでサポートするデッキ。

採用カード説明

〜ポケモン〜

・ウルトラネクロズマGX


このデッキのメインエース。「フォトンゲイザー」は簡単に180や260という打点を出していける非常に強力な技。一方の「めつぼうのひかりGX」は一見すると強くないように思えるが、相手のデッキ次第では優秀な詰め筋になりうる。その筆頭がロストマーチであるが、これについて詳しくは後述する。メインのGXアタッカーとして一般的な3枚採用。

・ネクロズマあかつきのつばさGX


サブアタッカーでありながら重要な潤滑油としての役割を兼ね備えた便利屋的存在。カラマネロの「サイコリチャージ」は対象のポケモンがベンチにいなければ使えない。そこで「インベイジョン」で一時的にネクロズマあかつきのつばさGXをバトル場に出すことでウルトラネクロズマをベンチに下げ、エネルギーが付いたところで暁ネクロズマを逃がして殴るという流れが強力。

このポケモン自身の性能についても少し解説しておく。通常技の「やみのせんこう」はエネルギーが3枚必要なので使いづらそうに思えるが、「サイコリチャージ」のおかげで全く打ち辛さは感じず、それどころか抵抗力も計算せずに安定して120点を出せるのは優秀でさえあると言える。GXワザ「イクリプスムーンGX」も非常に強力。180点という打点も十分高いので相手を倒しながら最強の追加効果の恩恵を受けたいところ。しかし、弱点が悪というのは現環境では意識しておくべき要素だろう。具体的にはゾロアークGXの「ライオットビート」で簡単に倒されてしまうので注意しておきたい。

基本的に一枚場にあれば便利、といったポケモンで、相手によってGX技さえ撃つことができればいい場合もあるので採用枚数は2枚。

・カラマネロ


重要なサポート役。このポケモンがいないと何も始まらないので、1ターン目はとにかくマーイーカを並べていく。やることはほぼサイコリチャージだけなので特筆することはない。強いて言うならマーイーカは「すみをはく」のものも候補だが、「さいみんじゅつ」で大抵問題ないだろう。

カラマネロラインは4-4採用でも良いところだが、こだわりハチマキも採用しているため4-3採用で十分と判断。

・ギラティナ


非GXのサブアタッカー。特性「やぶれたとびら」での微妙なダメージ調整は実は強力で、特にこれからの流行が予想されるゼラオラGXサンダーデッキに対してはちょうど残りHPを「フォトンゲイザー」圏内(それぞれ190→180、110→100)に入れていけるので余裕を持って立ち回れる。

また、ウルトラネクロズマでは倒せない、ジュカインやフーパを破れた扉の10ダメージ+技の130ダメージ(フーパは抵抗力込み110ダメージ)で丁度倒すことができる。

ロストマーチ対策としても有効で、ワタッコのHPを70から60に減らしておくことでウルトラネクロズマの「めつぼうのひかりGX」で倒せるようになる。 非GXデッキのアタッカーにはHP130のポケモンが多く(ホワイトキュレム、ひかるゲノセクト、グランブル、ギラティナ等)、それらに対してこちらからも非GXで倒しにいけるようになる点も非常に優秀。ダメカン4個のデメリットは、使ってみればわかるが全くと言っていいほど気にならない。

倒れてもすぐ再利用できる点を考慮して1枚しか採用していないが、サイド落ちを重く見るなら2枚採用も十分視野に入る。

〜グッズ〜

・ミステリートレジャー、ハイパーボール
このデッキのポケモンは全てミステリートレジャーに対応しているので、4枚採用。ここから更にハイパーボールを採用できるのでポケモンのサーチ手段を他デッキより多く取り入れられ、結果として事故を招きにくいのもこのデッキの魅力と言えるだろう。今回はハイパーボールは3枚採用。基本的には超エネルギーをトラッシュして使っていくのが理想。

・ダートじてんしゃ
ウルトラネクロズマで攻撃するためには鋼エネルギーが必要となる。また序盤からマーイーカをベンチに並べていくことはとても重要なことである。早い段階からサポート以外も使って山札を多く引いて展開したいデッキなので、それを後押し、運が良ければ超エネルギーをトラッシュまでしてくれるダートじてんしゃは問答無用で4枚採用。

〜サポート〜

・ジャッジマン
多くのデッキに対してはネクロズマあかつきのつばさGXのイクリプスムーンGXを撃つことになるが、これは直後にグズマを使われたら追加効果が無意味になってしまう。そのためイクリプスムーンGXを撃つ直前に相手が出来るだけグズマを撃ちづらい手札にさせるためにジャッジマンを使いたいため1枚採用した。

〜スタジアム〜

・月輪の祭壇
先述の「インベイジョン」+逃げコンボを行う際に、このスタジアムがあることでエネルギーをトラッシュせずに暁ネクロズマを逃がすことが可能となるので採用。毎ターンこの動きでエネルギー加速をすることを考えると常に出しておきたいスタジアムなので、4枚採用。

〜エネルギー〜

好みによる部分なので、このデッキでの採用枚数はあくまで目安として捉えてほしい。ユニットエネルギーは暁ネクロズマに付けて超エネルギーとして使うオプションを取れる点を評価して採用している。なお基本鋼エネルギーも採用しているのはデンジュモクGXや改造ハンマーの対策である。

動かし方

とにかくマーイーカを並べて、早急にカラマネロを複数体立てることを意識する。また、序盤は能動的にエネルギーをトラッシュしておかないとしばしば「サイコリチャージ」で補給するエネルギーが無くなりがちなので、ダート自転車やかんこうきゃくなども使って積極的にトラッシュしていきたい。

まとめ

環境にも一定数いるウルトラネクロズマのデッキだが、デッキレシピもそれだけ多いためどれを参考にしていいかわからないかもしれない。そのような人は是非このレシピを試してみてほしい。比較的シンプルな構成にしてあるため、初めての人は使いやすいと思う。まずこのレシピを試して、自分のプレイングにあうように改良していってほしい。

執筆者:からあげ

スポンサーリンク