ドリームリーグの収録カード一覧と評価

ポケモンカードのUR(ウルトラレア)収録パック一覧


UR(ウルトラレア)の収録パック一覧です。ついでに過去のパックとエキスパンションマークの一覧も書きました。

ポケモンカードのレアリティ一覧
カードのレアリティについて分かりやすく紹介します。どのカードがどのレアリティなのか、1パックに入ってる確率はどれくらいなのか。

※エキスパンション:カードの下部に記載されているマークのこと。SMシリーズなら左下。シリーズによって、右下に書かれてたりする。そのカードがどのパックに収録されているかを示す。

拡張パック「コレクション サン」(SM1S)

『基本鋼エネルギー』

『ハイパーボール』

『ロトム図鑑』

基本鋼エネルギー URハイパーボール URロトム図鑑 UR

拡張パック「コレクション ムーン」(SM1M)

『基本超エネルギー』

『ネストボール』

『ポケモンいれかえ』

基本超エネルギー URネストボール URポケモンいれかえ UR

強化拡張パック「サン&ムーン」(SM1+)

『基本草エネルギー』

『ダブル無色エネルギー』

『ふしぎなアメ』

基本草エネルギー URダブル無色エネルギー URふしぎなアメ UR

SM1では、SMシリーズ最初のパックとして、汎用性の高いカードのURが多く収録されている。特に『ダブル無色エネルギー』は1万円買取で世間を賑わせたあと、2018年の夏現在、25000円ぐらいまで取引価格が上がっている。レギュレーションが変わって、昔のカードが使えなくなっても、同名カードは使えるため、エネルギーカードの高レアリティは高騰する傾向にある。その中でも、全デッキを母数として考えた時に一番採用率の高いこのカードが高騰するのは自然なことかもしれない。金みたいなもの。カード界では、かなり安定した資産となる。

拡張パック「キミを待つ島々」(SM2K)

『まんたんのくすり』

『フィールドブロアー』

『基本雷エネルギー』

まんたんのくすり URフィールドブロアー UR基本雷エネルギー UR

拡張パック「アローラの月光」(SM2L)

『改造ハンマー』

『アクアパッチ』

『基本闘エネルギー』

改造ハンマー URアクアパッチ UR基本闘エネルギー UR

強化拡張パック「新たなる試練の向こう」(SM2+)

『基本悪エネルギー』

『マルチつけかえ』

『こだわりハチマキ』

基本悪エネルギー URマルチつけかえ URこだわりハチマキ UR

SM2のKは多分カプ・コケコのKで、LはルガルガンのL。英語名ならコケコがTapu Koko、ルガルガンがLycanrocなので、英語かと思うじゃん。ちゃうねん、日本語やねん、これ。ポケモンセンターで文房具とか物色したことある人ならわかるけど、ローマ字表記がものすごいあるねん、ポケモンって。でもメジャーな英語はそのまま使ったりするねん。

URじゃないから書いてないけど、「新たなる試練の向こう」には『アセロラ』のSRが習得されています。これは『ダブル無色エネルギー』の次に高いカードなので、覚えておいてもいいかも。可愛いのと強いので、めちゃめちゃ高い。あと封入率も低い。

拡張パック「闘う虹を見たか」(SM3H)

『あなぬけのヒモ』

『ムキムキダンベル』

『基本炎エネルギー』

あなぬけのヒモ URムキムキダンベル UR基本炎エネルギー UR

拡張パック「光を喰らう闇」(SM3N)

『スーパーポケモン回収』

『基本妖エネルギー』

『レスキュータンカ』

スーパーポケモン回収 UR基本妖エネルギー URレスキュータンカ UR

強化拡張パック「ひかる伝説」(SM3+)

該当無し

このSM3シリーズから、初回生産版に限り、1BOXに必ずSR以上のカードが入ることになりました。今となっては、ボックスを買う楽しみみたいになってるけど、やっぱりSM2以前は恐ろしかったんやなあと。『アセロラ』や『ダブル無色エネルギー』が圧倒的に高い理由はこれです。多分刷られた数が全然違う。ちなみにSM3HのHはホウオウで、Nがネクロズマ。さっきとは事情が違うけど、伝説のポケモンとかメジャーなポケモンは、英語名と日本語名が同じものが多いので、ホウオウもネクロズマも英語にしても一緒。Ho-ohとNecrozma。

「ひかる伝説」は、色違いの伝説のポケモンをコンセプトに作られたこのパックですが、残念ながらURは収録されていません。代わりに『ミュウツーGX』のシークレットレアというのが入ってます。シークレットレアという言い方が公式なのかは知りませんが(多分違う)、ちょっとややこしいですよね。『ミュウツーGX』にはRRもSRもHRもあります。「GXスタートデッキ」では光っていないRRも登場しました。これは別にシークレットレアというのが存在するんです。絵柄が全く違います。でも、このシークレットレアにSRとかHRみたいな加工されたバージョンはありません。1種類のみです。わかってると思うけど、SRはSuperRareの略であって、シークレットではない。ややこしいね。ドイツに旅行した時に買ったパックからたまたま出たので自慢がてら載せる。かっこよか。

拡張パック「覚醒の勇者」(SM4S)

『カウンターキャッチャー』

『ワープエネルギー』

『基本鋼エネルギー』

カウンターキャッチャー URワープエネルギー UR基本鋼エネルギー UR

拡張パック「超次元の暴獣」(SM4A)

『カウンターエネルギー』

『ねがいのバトン』

『基本水エネルギー』

カウンターエネルギー URねがいのバトン UR基本水エネルギー UR

ハイクラスパック「GXバトルブースト」(SM4+)

『ルナアーラGX』

『ソルガレオGX』

ソルガレオGX URルナアーラGX UR

エキスパンションのアルファベットは日本語説、最大の証拠。シルヴァディは英語でSilvally(シルヴァリィ)。ややこしいね。最初間違って覚えたわ。そしてアクジキング。Guzzlord。Gやねん、頭文字。でも「超次元の暴獣」はSM4A。なので、多分日本語。でも残念ながら、SM5以降は同時期に拡張パックを2種類出していないので、確かめようがない。

「GXバトルブースト」では、初めてポケモンのURが収録されました。今までエネルギーとグッズだけやったけど。金色すぎて何が何か分からんけど。ちなみにシルヴァディGXもアクジキングGXもこのシリーズ内ですぐに絵柄違いで再録されてる。シルヴァディに至っては、色違いプロモカード「煌めきのシルヴァディGX」もあったので、流通量がえぐい。にしては、あまり強くない。カード名に「煌めき」って入れてくれたらカッコよかったと思う。若干色がくすんでるだけ。アクジキングも言わずもがな。今後の強化カードに期待。

拡張パック「ウルトラサン」(SM5S)

『のぞきみレッドカード』

『ミッシングクローバー』

『ユニットエネルギー草炎水』

のぞきみレッドカードURミッシングクローバーURユニットエネルギー草炎水UR

拡張パック「ウルトラムーン」(SM5M)

『クラッシュハンマー』

『エスケープボード』

『ユニットエネルギー雷超鋼』

クラッシュハンマーURエスケープボードURユニットエネルギー雷超鋼

強化拡張パック「ウルトラフォース」(SM5+)

『エネルギーリサイクル』

『ビーストリング』

『鋼鉄のフライパン』

エネルギーリサイクルURビーストリングUR鋼鉄のフライパンUR

この頃から、徐々に収録されている新グッズのURとしてUR枠が使われるようになった。エネルギーも一通り出したしええやろ、みたいなノリで。何が入ってるのか分からないワクワク感が薄くなってちょっと悲しいところもある。

このシリーズからプリズムスターレアが始まった。デッキに同名カードのプリズムスターは1枚しか入れられない、いわゆる制限カード。強くなりすぎたカードとかを後付けで制限にするカードゲームと違って、最初から制限ですよーって言いながら調整された強いカードを入れていくあたり、ポケモンカードは本当にバランス調整が上手だと思う。フラダリの奥の手だって、時間が長引くから制限にしたっていうのは建前じゃなくて、事実だと思うし・・・。

拡張パック「禁断の光」(SM6)

『エネポーター』

『ミステリートレジャー』

『ユニットエネルギー闘悪妖』

エネポーターURミステリートレジャーURユニットエネルギー闘悪妖UR

強化拡張パック「ドラゴンストーム」(SM6a)

『いれかえフロート』

『火打石』

『竜の鉤爪』

いれかえフロートUR火打石UR竜の鉤爪UR

強化拡張パック「チャンピオンロード」(SM6b)

『ふっかつそう』

『ポケナビ』

『レインボーエネルギー』

ふっかつそうURポケナビURレインボーエネルギーUR

このSM6から、拡張パックを一つ出して、その後に強化拡張を2つ出していくスタイルに変わった。サンプル少ないからなんとも言えないけど。特筆すべきは、『ミステリートレジャー』という超・ドラゴンタイプに限った話になるけど『ハイパーボール』と同程度の強さを持つカードの登場。と、そのURの登場。そらめちゃくちゃ高いわな。1万円ちょっと。確定サーチのできるグッズは優秀さが約束されてるので、どんどん投資しよう。

拡張パック「裂空のカリスマ」(SM7)

『ダートじてんしゃ』

『レインボーブラシ』

『ハッスルベルト』

ダートじてんしゃURレインボーブラシURハッスルベルトUR

強化拡張パック「迅雷スパーク」(SM7a)

『エレキパワー』

『カウンターゲイン』

『カスタムキャッチャー』

エレキパワーURカスタムキャッチャーURカウンターゲインUR

強化拡張パック「フェアリーライズ」(SM7b)

『ネットボール』

『ぼうけんのカバン』

『のろいのおふだ』

ネットボール URぼうけんのカバン URのろいのおふだ UR

エネルギーのUR枠が完全になくなり、全部グッズになったSM7シリーズ。トラッシュ利用のできるデッキなら、『ダートじてんしゃ』の価値はSMレギュだとかなり高めなので、今後の高騰候補に加えといてもいいかもしれない。あと『ネットボール』も一応。草タイプ限定だけど、たねポケモンを手札に持ってこれるのと、エネルギーのサーチと状況に応じて選べる上にノーコストなので、とりあえず数枚入れておけカードになる予感。確定サーチ+ノーコストが、草のたねポケモン限定というデメリットを打ち消せるかどうか。

拡張パック「超爆インパクト」(SM8)

『あとだしハンマー』

『こだわりメット』

『ロストミキサー』

強化拡張パック「ダークオーダー」(SM8a)

『デンジャラスドリル』

『メタルゴーグル』

『エレキチャージャー』

ハイクラスパック「GXウルトラシャイニー」(SM8b)

『カプ・ブルルGX』

『カプ・レヒレGX』

『カプ・コケコGX』

『カプ・テテフGX』

『ルナアーラGX』

『ソルガレオGX』

『ウルトラネクロズマGX』

拡張パック「タッグボルト」(SM9)

『ジャッジマンホイッスル』

『ポケモン通信』

『せせらぎの丘』

新カード・タッグチームがこのパックから登場。初めてスタジアムもURとして収録された。

強化拡張パック「ナイトユニゾン」(SM9a)

『ポケギア3.0』

『電磁レーダー』

『エーテルパラダイス保護区』

強化拡張パック「フルメタルウォール」(SM9b)

『ビーストブリンガー』

『メタルコアバリア』

『テンガン山』

拡張パック「ダブルブレイズ」(SM10)

『炎の結晶』

『戒めの祠』

『トリプル加速エネルギー』

強化拡張パック「ジージーエンド」(SM10a)

『リセットスタンプ』

『くろおび』

『タッグスイッチ』

強化拡張パック「スカイレジェンド」(SM10b)

『Uターンボード』

『トキワの森』

『リサイクルエネルギー』

ムービースペシャルパック「名探偵ピカチュウ」(SMP2)

URの収録は無し。

スポンサーリンク