ドリームリーグの収録カード一覧と評価

手っ取り早く簡単に揃えたい! ポケカ初心者向けのカプ・ブルルGX!


【ブルルガノン】を作ってみよう!

SM(サン・ムーン)環境から始めた人にぴったりのデッキ。
『カプ・ブルルGX』と『クワガノン』を使った構築です。

おすすめポイントとしては、

  • たね・進化ポケモン両方とも使える!
  • 特性の使い方に慣れる!
  • トラッシュするタイミングに慣れる!

キーカード

『カプ・ブルルGX』


エネルギー1つから攻撃できる優秀なポケモン。
このカードが強いところは、最大180ダメージを出せること!
必要エネルギーに無色エネが1つ入っていることで、1ターン目に草エネルギーをつけ、2ターン目に『クワガノン』の「ストロングチャージ」を使うことで、その準備が整います。

また、草タイプですが、炎が弱点でないので、割と長生きします。
GXワザも自分のHPを全回復しますので、『アセロラ』と合わせると相手の消耗はこちらの消耗に対して割の合わないものになっていきます。
また、逃げエネが3つと重たいですが、『クワガノン』や『デンヂムシ』も同じく逃げエネが3なので『ヘビーボール』の対象です。

『クワガノン』


このデッキに要になるカードです。
2進化ポケモンと少し場に出すのが遅くなりますが、それでもデッキに入れるほど優秀な特性を持っています。
「ストロングチャージ」は毎ターン、山札から雷エネルギーと草エネルギーを好きなように自分のポケモンにつけることができます。
山札から・2枚・好きなようにつける、というのはエネ加速カードにおいて破格の性能です。

エネ加速とは?
よく聞くワード「エネ加速」について全体的に解説します。簡単に言うと、1ターンに2枚以上エネルギーカードをつけること。通常、1枚しかつけられないところを特殊なカードを使って、「加速」させていきます。

このデッキはいかに早くこのカードを出せるかが勝負の分け目となります。
そのため、最優先で進化させるようにしましょう。

『ふしぎなアメ』


『クワガノン』を素早く進化させるために必須となるカードです。
自分の場に出したターンは無理ですが、1ターン以上たっていれば『アゴジムシ』から『クワガノン』へ進化させることができます。いわゆる、ワープ進化です。
そのため、デッキ構築の際にこのカードを入れる場合、『デンヂムシ』の枚数は必然的に減ることになります。

上にも書きましたが、『ヘビーボール』を使って、必要なパーツを持ってくることも素早い進化に役立つでしょう。
また、その2つを山札から持ってこれる『フウロ』や『トレーナーズポスト』も採用してもいいかもしれません。

解説・回し方

できるだけ早く『クワガノン』に進化させる!!

そして『カプ・ブルルGX』でどんどん攻撃する!

簡単に言ってしまえば、この2つで済みます。
エネルギーを相手よりも早くつけて、強いワザを使う。
ポケモンカードの基本的な動きを学ぶことができます。

理想の動き方としては、

最初
バトル場に『カプ・ブルルGX』、ベンチに『アゴジムシ』スタート
(無ければ、『ハイパーボール』、『カプ・テテフGX』を駆使してこの二匹を揃える)

1ターン目
『カプ・ブルルGX』に草エネルギーをつける。
『アゴジムシ』をベンチに1匹以上並べる。
『クワガノン』or『ふしぎなアメ』を手札に持ってくる。
 (『ハイパーボール』『ヘビーボール』『トレーナーズポスト』等を使う)

2ターン目
『ふしぎなアメ』でベンチの『アゴジムシ』を『クワガノン』に進化。
「ストロングチャージ」で『カプ・ブルルGX』にエネルギーをつけて攻撃。

3ターン目以降(デッキタイプによって変わります)
毎ターン、「ストロングチャージ」を使い、ベンチポケモンにエネをつけていく。
『カプ・ブルルGX』が息切れしてきたら、『カプ・コケコGX』で奇襲をかける。

相性の良いカード

『ラランテスGX』


『クワガノン』の代わりに使うエネ加速の候補です。
役割が被るため、どちらかを選びましょう。両方入れるとまわらなくなります。
回し方としては、序盤にバトル場にこのカードをたてて、「フラワーサプライ」を使ってベンチの『カプ・ブルルGX』を育てるといった具合です。

GXではない『ラランテス』を入れられることも、このカードの強みです。

自分の草ポケモンのワザの威力を上げることができます。
そのため、安定させるために多く『カリキリ』を入れても、腐ることはありません。

『カプ・コケコGX』


雷エネルギーがあれば、手札から奇襲を仕掛けることができます。
威力は3エネで130とそれほど高くはありませんが、バトル場のポケモンをベンチに下げることができます。
また、このカードが2枚ある状態で『アセロラ』を併用すれば、毎ターン特性を使って攻撃し続けられます。
詳しくはこちらに書いていますので、ご覧ください。

かみなりタイプの中心的なカード
雷デッキは、エネルギーをためて、威力を上げたり、奇襲するデッキと言えます。その分、エネルギーのついたポケモンが倒されるとピンチになります。いかに溜めたエネルギーを落ちないように活用するかが鍵となります。

『クワガノン』を入れることが前提になるため、『ラランテスGX』入りのデッキでは使えません。

『アセロラ』


『カプ・コケコGX』だけでなく、『カプ・ブルルGX』にも効果的です。
エネルギートラッシュのデメリットも「しぜんのさばき」で全てトラッシュし終えたあとなら気になりません。
ポケカを初めて間もない頃はエネルギーをトラッシュしたり、手札をトラッシュするのがもったいないと思うことも多々あるかと思います。
しかし、ポケモンを倒されてサイドを取られては元も子もないので、思い切っちゃいましょう。
それでももったいない!って思うなら『エネルギーリサイクル』でも入れてみましょう。

『エーテルパラダイス保護区』


『クワガノン』と相性がよく、草と雷タイプのポケモンを強化するカードです。
『カプ・ブルルGX』であれば、210ダメージを受けないことには一撃で倒されなくなるため、GXポケモン相手でも安定して立ち回ることができます。
HPを増やすのであれば、『闘魂のまわし』で十分ですが、このカードはスタジアムなので『こだわりハチマキ』をつけられるようになります。

また、序盤HPの低いたねポケモンがバトル場にたってしまうことがあっても、このカードである程度凌ぐこともできます。

スポンサーリンク