ドリームリーグの収録カード一覧と評価

デッキレシピ【ズガドーンGX+リザードン】


シロナ、グズマ、テテフ無し!?格安だけど強い!

リザードンが大好きだからリザードンデッキを作ろう!でもシロナやグズマなどの高いカードは持ってないし買うお金もない…。そうだ、超爆インパクトに収録されたズガドーンGXを使って格安で強いデッキを作ろう!というコンセプトのもと作りました。※このデッキはCL東京前に作ったため、ズガドーンGXぜんぜん安くねーよ!ってのは無しでお願いします(土下座

デッキコード caKcxK-qnE9mS-4xDxcx

カード紹介

リザードン

特性
かくごのほのお
このポケモンが使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージは、相手の場の「ポケモンGX・EX」1匹につき「+30」される。

このデッキのメインアタッカー。テテフが当たり前にように採用されるこの環境だからこそ特性がいい感じにきいてきます。ゼラレックなどのGXポケモンをたくさん場に並べるデッキには非常に強いです。『リザード』の特性をできるだけ使いたいのでふしぎなアメの採用枚数は少な目にしています。

ズガドーンGX

もう一人のアタッカー。こいつの強さはCL東京で証明されたと思います。(正直あんなに活躍するなんて思ってなかった。) 1エネで打てるバーストGXにより自分のサイドを減らしながらGX技を早めに消費し後述のハラの性能を向上させます。GX技を打つ前に『ベベノム』のアイオープナーでどこにエネがあるか確認できたらなおいいですね。

アーゴヨン

特性
チャージアップ
自分の番に1回使える。自分のトラッシュにある基本エネルギーを1枚、このポケモンにつける。

エネ加速兼サブアタッカーです。『ズガドーンGX』がビックリヘッドにより消費するエネをまかないます。『リザードン』のファイヤーブラストを打つとエネを1枚とラッシュなのでそのエネを次のターンには回収してこれるのがいい感じ!

リザード

特性
もえるとうし
自分の番に、このカードを手札から出して進化させたとき、1回使える。自分の山札を上から5枚トラッシュし、その中にある炎エネルギーをすべて、このポケモンにつける。

第二のエネ加速です。こちらは『リザードン』のファイヤーブラスト用のエネをまかないます。2かい特性を使ったときはデッキ切れにちょっとだけ注意しましょう。

高額汎用カードのカード

ハラ

『シロナ』の代用です。というかズガドーンが早々とGX技を使ってしまうこのデッキにとってはむしろ上位互換です。

カスタムキャッチャー

『グズマ』の代用です。2枚ないとグズマの代用としては使えませんが1枚でもドローソースとして使えるし、2枚そろえば確定で発動できる分、『ポケモンキャッチャー』より強いと思います。

ザオボー

『フィールドブロアー』の代用です。『フィールドブロアー』って意外と高いですよね。1ターンに1枚のサポートをこれに割いてしまうのはもったいないですが…

テテフの代用は…?

ごめんなさいありません。必要なサポートは気合で自引きしましょう(笑)

立ち回り

①序盤は『ズガドーンGX』と『アーゴヨン』で戦っていきます。できるだけ早く『ズガドーンGX』をバトル場に出し早々とGX技を使ってしまいましょう。ベンチに『アーゴヨン』がいないと何も始まらないのでサーチするなりして準備しましょう。『アーゴヨン』がなかなか準備できない場合はカキを使ってエネ加速していきましょう。『ズガドーンGX』がやられたら『アーゴヨン』自体で戦うのも大いにOKです。また、序盤はトラッシュにエネがなかなか落ちないので『ハイパーボール』や『マーマネ』で意識的に落としていきましょう。

②中盤から終盤にかけては『リザードン』の出番です。相手の場が整うにつれて場のGXポケモンの数は増えていくので『リザードン』の火力もどんどんアップ。『カスタムキャッチャー』で敵を引っ張り出してかっこよくフィニッシュしましょう!

少しお金に余裕があれば入れたいカードたち

こだわりハチマキ

火力アップに必要不可欠です。最近は非GXメインのデッキも多いので4枚までは採用しなくてもよさそうです。

かんこうきゃく

『マーマネ』と入れ替えですかね。立ち回りで述べた通り序盤のエネをトラッシュに落とすのに一役かります。

ダートじてんしゃ

『かんこうきゃく』と採用理由は同じです。

フィールドブロアー

『ザオボー』よりかなり強くて、ほかの高額汎用カードと比べると安いので。

最後に

超かっこよくて大好きなリザードンを使いながら、比較的安価に(ズガドーンGXが高騰していしまいましたが)デッキ作れました。ズガドーン、アーゴヨン、リザードン以外はほとんど1枚100円もしないカードばかりです。これからポケカ始めたいって方も近所のカードショップを巡ってこれらのカードを集めてデッキを組んでみてはいかがでしょうか?最後までご覧いただきありがとうございました。

執筆者:りつ

スポンサーリンク